【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『大ヤマト零号/Vol.2 哨戒編』

A銀河の艦隊に次々と襲いかかる、超高速で移動する<影の艦隊>。大ヤマト零号は、この見えない敵にどう挑むのか?!

e0033570_22172010.jpg相変らず宇宙を翔ける姿に郷愁を感じさせてくれる大ヤマト零号。そのバックに流れるのは「ファイナルヤマト・斗い」のメロディーだし、その勇姿を見ているだけで全て許せる気分になってしまう・・・・・・

と言いたいところだが、そうもいかない。今回はイグァ・トシゾウを、過去話を絡めてメイン・フューチャーしているが、お話はなかなか進展しない。
リリース予定を見るとこの物語は全10巻。このままではメインキャラクターを紹介し終わる前に、シリーズ自体が終わってしまいそうだ。
というよりも元々一年間、52話を想定して作っていたということだし(現行のDVDフォーマットに換算すると26巻分)、本当に途中で切り上げるのかも。
また、あちらこちらから漏れ伝わるところによると、昨秋のTV放映予定を前に8話(DVD4巻分)程度作った段階で製作が中断してるのだとか。その後目出度く製作が再開されているのかどうかも気になる気になる・・・。
はたして大ヤマト零号は、無事に航海を終えられるのか? 『YAMATO2520』の二の舞にならなければいいけどね。
これは「ビバ!びでお」からの転載。リリースされてすぐに入手して観た時の感想である。
今観直しても変わんないなぁ。

ここまで来ても、一向に作品世界の設定や大ヤマト零号の乗組員らがハッキリしない。
メイン格のキャラクターが多すぎるために、印象に残るどころかロクに紹介さえして貰えないのだ。それに松本作品特有の思わせぶりな台詞が被るわけで、きっとスゴイヤツなんだろうなぁと思わせながら、結局何やってる人かがサッパリ。
本来ならオキ・シンマあたりが主人公になるはずなんだろうけれど出番は僅かだし、艦長室にこもりっきりのオズマ艦長は台詞すら殆どない。
これは辛いわな・・・。

この時点で既に先行きに不安を感じていたけど(というか、リリースが告知された時からだけど)、案の定全10巻どころか、辛うじて5巻でオチをつける始末。
それでも「完結」と銘打てただけでも僥倖だろうけどね。

ちなみにこのVol.2も、BOX版はオープニングとエンディングを差し替えた上、本編も若干短くなっております。
単品版、処分しなくて良かったなぁ(苦笑)。
[PR]
by odin2099 | 2009-06-06 22:18 | ビデオ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/10382606
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ