【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『聖女の救済』 東野圭吾

IT会社の社長が自宅で毒殺された。第一発見者は、被害者と愛人関係にあった女性。一方、離婚を切り出されていた妻には完全なアリバイがあった。
果たして真犯人は愛人か、妻か、それとも第三者か。また毒物を入手した経緯は、そして犯行の手口は。
警察の捜査は行き詰まりを見せ、内海薫は<ガリレオ>こと帝都大の准教授・湯川学に助力を乞う。
毒物の混入方法が依然として不明なままだということもあるが、それともう一つ、草薙刑事が美貌の容疑者に魅せられ、冷静な判断力を失っているのではないかという懸念が拭い切れないからだったのだが。
そして湯川が導き出した答えは”虚数解”。
論理的には考えられても、現実的にはあり得ない方法だった・・・。

<探偵ガリレオ>のシリーズとしては5冊目、長編としては2冊目となる。
e0033570_630206.jpg『容疑者xの献身』もかなり手の込んだトリックを用いていたが、こちらは人間関係もより複雑となり、手掛かりは提示されるものの、なかなか深層に辿り着けないもどかしさが逆に心地よい、大仕掛けな作品になっている。

犯人はある程度最初から絞られているので倒叙形式のミステリーに近く、そこに至るまでの草薙と内海のアプローチの仕方の違いが面白い。
また今回の草薙は”恋”をしているので、理論的に組み立てられた結論を感情が否定してしまい、一方の内海は”勘”が拠り所とあって、確証に至らない。
そこへ”論理的思考”の湯川が登場するが、今度は彼には女性の心理が読み取れず、自分が導き出した結論に得心がいかない。
リアリティーという面ではこのトリック、そして犯人像はありなのかどうかという疑問は湧くが、核心に迫っていく件にはぞくぞくする様な読後感が残る。

湯川のキャラクター・イメージは殆ど福山雅治に近づき、作品中には薫がiPodで福山のアルバムを聴く、という楽屋落ち的なサービス・シーンもあったりするが、これもしっかりと脚本を練り上げ、相応しいキャストを得られたならば前作以上に力のこもった映画になりそうな予感もある。
『容疑者xの献身』はヒット作となったが、こちらの映画化は動いていないのだろうか。
[PR]
by odin2099 | 2009-10-09 06:30 | | Trackback(11) | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/11320682
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Yuhiの読書日記+α at 2009-10-09 23:41
タイトル : 聖女の救済
東野圭吾著「聖女の救済」を読了しました。この作品は、探偵ガリレオシリーズ第4弾、長編では2作目となる推理ものです。 東野圭吾さんは、シリーズものをほとんどお書きにならない作家さんだと思っていたのですが、テレビシリーズで人気が出たからか、あるいはガリレオを気に入っておられるからか、これはシリーズものとして定着させるようですね。 昨年上映された「容疑者Xの献身」を見たこともあり、今回の作品からは、湯川先生のイメージがすっかり福山さんに変わりました。 読んでいてビックリしたのは、内海刑事!!このキャラク...... more
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2009-10-10 09:30
タイトル : 「聖女の救済」/東野圭吾
「聖女の救済」/東野圭吾(文芸春秋刊)  映画『容疑者Xの献身』の余韻がまだ少し残っているのだが、かみさんがブックオフでこの本を買って来たので便乗して読んでみた。 東野圭吾は今年の年間ベストセラーランキングで「容疑者Xの献身」、「聖女の救済」、「流星の絆」が必ずベスト10に入っている。 ガリレオは彼が阪大工学部にいた自分に対するオマージュなのか。 彼の本を読んだのは「あの頃僕らはアホでした」だっただけに、最近の作品はいいカウンターをもらったような気がする。 「聖女の救済」については、これから読む方の...... more
Tracked from ★YUKAの気ままな有閑.. at 2009-10-10 10:35
タイトル : 【本】聖女の救済
        『聖女の救済』       東野圭吾        文芸春秋【comment】本作は、ガリレオシリーズの短編集『探偵ガリレオ』『予知夢』、長編『容疑者Xの献身』の続編として2冊同時刊行されたうちの一冊である長編だ。フジテレビのドラマ化や映画『容疑者Xの献身』の大ヒットを受けて、ガリレオ先生こと湯川准教授は、福山雅治演じるイケメン物理学者として世間で広く認知されるようになった、と思う。それゆえ新刊には関心が高いだろうし、かく言う私も発売日から古本屋にチョコチョコ顔を出し、一刻も早く手に入...... more
Tracked from ミチの雑記帳 at 2009-10-10 17:06
タイトル : 「聖女の救済」 東野圭吾
{/book/}「聖女の救済」 東野圭吾 ガリレオこと湯川准教授が活躍する長篇第二弾。 テレビドラマも見ていたので、湯川を福山雅治、内海刑事を柴崎コウ、草薙刑事を北村一輝でイメージして読みました。(でも、内海刑事はコウちゃんよりももっとぶっきらぼうな感じがしたなぁ) お話は・・・・自宅で一人でコーヒーを飲んだ男が、中に入っていた毒で死んだ。だが毒物混入方法は不明。最も怪しい、離婚を切り出されていたその妻には鉄壁のアリバイがあった。 いつものガリレオシリーズのように犯人は分かっているがトリックが分...... more
Tracked from ナナメモ at 2009-10-10 20:24
タイトル : 「聖女の救済」東野圭吾
聖女の救済 東野 圭吾 JUGEMテーマ:読書 男が自宅で毒殺されたとき、離婚を切り出されていたその妻には鉄壁のアリバイがあった。草薙刑事は美貌の妻に魅かれ、毒物混入方法は不明のまま。湯川が推理した真相は―虚数解。理論的には考えられても、現実的にはありえない。 新刊が出てるのを知らずにうっかりしてたら図書館の予約がすごい事になってました。やっとまわってきた。さらにうっかりしていたもう1冊はもう少し先になりそう。 キルト作家の真柴綾音は夫・義孝から離婚を言い渡された。結婚前から...... more
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2009-10-10 21:21
タイトル : 本 「聖女の救済」
本作品は東野圭吾さんの「容疑者Xの献身」に続き、「ガリレオ」シリーズの長編第二弾... more
Tracked from ルナのシネマ缶 at 2009-10-10 23:44
タイトル : 「聖女の救済」東野 圭吾
探偵ガリレオシリーズの 長編第2弾です。 テレビシリーズの 柴咲コウ演じていた内海薫刑事が登場します。 おまけに、ipotで福山雅治を聴いている! そこまでサービスしなくても・・・と ちょっと思ってしまいました。 男が自宅で毒殺されたとき、離婚を切り出されていたその妻には 鉄壁のアリバイがあった。 草薙刑事は、聡明で美貌の妻に魅かれ、毒物混入方法は不明のまま。 湯川が推理した真相は「虚数解!」。 理論的には考えられても、現実的にはありえないと言う・・・。 ガリレオシリー...... more
Tracked from 映画な日々。読書な日々。 at 2009-10-20 17:55
タイトル : 東野圭吾 『聖女の救済』
聖女の救済/東野 圭吾 ¥1,700 Amazon.co.jp 会社社長が自宅で毒殺された。女性刑事・内海薫は離婚を切り出されていた妻を直感で疑うが、妻には鉄壁のアリバイがあった。捜査が難航するなか、湯川が推理した殺害方法は、「虚数解」。非論理的ともいえる思考が編み出し... more
Tracked from とんみんくんの読書履歴 at 2009-11-02 23:57
タイトル : 容疑者Xの献身【東野 圭吾】
深海よりも深い愛の形を見た気がします。それが、歪んでいようと石神にとっては、正当な愛の形だったのでしょう。でも、悲しいです。... more
Tracked from みかんのReading .. at 2010-02-22 01:55
タイトル : 『聖女の救済』 東野圭吾  文芸春秋
 「これは完全犯罪だ」 男が自宅で毒殺されたとき、離婚を切り出されていた妻には鉄壁のアリバイがあった。草薙刑事は美貌の妻に魅かれ、毒物混入方法は不明のまま。湯川が推理した真相は…虚数解。「ガリレオ」情念の長篇。 『容疑者Xの献身』で一躍話題となったガリレオシリーズの長編。TVや映画で出ていた内海刑事が本編の方でも登場…と、TVドラマと作品がグッと近くなってるのが分かる描き方になってましたね。犯人と動機は分かってるのに、トリックが分からない…といった、『容疑者〜』に似た展開となってます...... more
Tracked from The 近況報告!~今度.. at 2012-02-26 00:46
タイトル : ◎読書記録◎ 「聖女の救済」 東野圭吾
{%足跡(テンテンテン)hdeco%}2010年の思い出{%足跡(テンテンテン)hdeco%}... more

by Excalibur
ブログトップ