「ほっ」と。キャンペーン

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『崖の上のポニョ』(2008)

最初にポニョのキャラを見た時、「なんじゃこりゃ?」「キモチワルーイ」と思い、次にフジモトをはじめとする主要キャラのデザインを見て、「あー、こりゃダメだ。どうしても好きになれない~」と結局映画館に行きませんでした。
生理的な嫌悪感というんでしょうか、自分でも不思議なくらい拒絶反応がありました。
そんなこんなだったので、DVDが出た時もスルー(それ以前の宮崎駿監督作品は、好き嫌いはあっても全部持ってるんですが)。
ただ最近になって、流石に観ておかないとマズイかなぁ(?)と考えを改め、ようやっとレンタル。うーん、蛇蝎の如く忌み嫌うことはなかったなーとは感じたものの、「○」か「×」ならば間違いなく「×」。

e0033570_946187.jpgおしまいがハッピーエンドの、現代版「人魚姫」、なんでしょうね。
ポニョにしろ、フジモトにしろ、グランマンマーレにしろ、明らかに超自然的存在なんですが、登場人物たちが全く訝しむことなく受け入れるというおとぎ話の世界で、主人公の宗介は母親のリサと二人暮らし。お父さんの耕一は船長なので留守がちという設定ですが、「お父さん、お母さん」あるいは「パパ、ママ」と呼ぶのではなく、直接名前を呼び合う家族です。個人的にはこういう家族、嫌です。
てなワケで、世界観もキャラクターも自分には合いませんでした。

おまけにキャストがちょっとねぇ・・・。
タレントさんからベテラン俳優さんまで揃ってますけれど、皆さん「声優」というレベルには程遠いです。一番上手かったのが、宗介を演じた9歳の土井洋輝クンだった、というのもどうかと思います。

まぁ面白かったのは、人間になったポニョの傍若無人ぶりが、かつてのハイジやコナンを思い出させたのと、あんまり必然性あるように感じなかったカーアクションが、なんか『カリオストロの城』っぽいなー、そういや町が水没してるし、と思ったこと。それと波を魚の形で表現するのは斬新だなぁと感心したことぐらい。
どうしてこの作品の評価が高いのか、自分にはさっぱりわかりません。時代の波に取り残されてるのかな・・・?
[PR]
by odin2099 | 2010-01-09 09:46 |  映画感想<カ行> | Trackback(29) | Comments(8)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/11928901
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from カノンな日々 at 2010-01-09 10:27
タイトル : 崖の上のポニョ/山口智子、土井洋輝
ついに夏休み期間に突入です。平日の空いてる映画館に慣れてる私としてはこの期間ってけっこう辛かったりして、この超話題作もいつ観ようかと悩んだのだけど、とりあえず親子連れの激しく多い日曜は避けるとして、あとはいつ行っても同じような気もしたからそれなら初日でい....... more
Tracked from 『甘噛み^^ 天才バカ板.. at 2010-01-09 13:16
タイトル : [映画『崖の上のポニョ』を観た^^]
☆最初に言っておくと、私は、『ポニョ』を愛してます^^          ◇   ◇ 宮崎駿監督は、もう往年のパワーは持ち得ないと思っていた。 私が考えるところの問題点は二つで、   1・あまりにもビッグバジェットとなってしまった宮崎作品は、    多くのテーマ(客の嗜好)を内包することを義務づけられ、    「もののけ姫」「ナウシカ」に代表できるような、宮崎的な怨念を込められる…、    あるいは、「ラピュタ」や「トトロ」「カリオストロ」のような純粋エンターテイメントの如き、    シンプ...... more
Tracked from ダイターンクラッシュ!! at 2010-01-09 14:26
タイトル : 崖の上のポニョ
2008年8月24日(日) 16:30~ 日比谷スカラ座 料金:1250円(チケットフナキで前売り券購入) プログラム:600円 『崖の上のポニョ』公式サイト 上映終了後の子供の叫びがすべてを物語っている。「えっ、もう終わり!?」 物語の中盤にクライマックスが来て、最後の試練がショボイのは肩透かしだった。 一茂は、野球と同様戦力外だったし。どうでもいいことだけど。 まあ、絵も綺麗で、ほんわかした、いい感じの作品ではあるよ。 過去作品との比較などしないで、何も考えずに、からっぽの心で見るべきだ。...... more
Tracked from ★YUKAの気ままな有閑.. at 2010-01-09 16:04
タイトル : 崖の上のポニョ
宮崎駿監督の作品は大好き持っているDVDやビデオを観る機会も一番多いかもしれないなぁ〜『ハウルの動く城』以来4年ぶりの新作を家族で楽しみにしていた―【スタッフ・キャスト(声優)】*監督・原作・脚本 宮崎駿 *音楽 久石譲*宗介の母・リサ(山口智子)         *宗介の父(長嶋一茂)*ポニョのママ・グランマーレ(天海祐希)  *ポニョの父・フジモト(所ジョージ)*宗介(土井洋輝)    *ポニョ(奈良柚莉愛)    *ポニョの妹たち(矢野顕子)*トキさん(吉行和子)  *ヨシエ(奈良岡朋子) 他 ...... more
Tracked from そーれりぽーと at 2010-01-09 21:40
タイトル : 崖の上のポニョ
「もう映画は撮らない」 何度となく引退を宣言しながら撮り続けている宮崎駿監督。 今回は『ゲド戦記』の原作者を激怒させたいわく付きの最新作、『崖の上のポニョ』を観てきました。 ★★★★ 未曽有のセル画アニメ体験。 スクリーンを埋め尽くす優しいタッチの手書き画が動きまくる快感は、宮崎アニメファン必見でしょう。 テーマも中身も、『となりのトトロ』と同系のファミリー向けですが、だからこそ童心に帰って観れば、大人でもきっと心に響く内容です。 テーマ曲は、インストで最初のフレーズだけ聞くと『となりのトトロ』っ...... more
Tracked from erabu at 2010-01-09 21:45
タイトル : 映画『崖の上のポニョ』(お薦め度★★★)
原作・脚本・監督、宮崎駿。音楽、久石譲。プロデューサー、鈴木敏夫。2008年日本... more
Tracked from ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ at 2010-01-09 23:37
タイトル : ★「崖の上のポニョ」
今週はハッピーマンデー付きの3連休なので、二日連続オールナイト敢行のシネコンたち。 一日目は、前作「ゲド〜」でズッコケたスタジオジブリの反撃作。 やっぱり宮崎駿が監督しないと、ダメなのねーーー。 ... more
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2010-01-10 00:14
タイトル : 『崖の上のポニョ』
□作品オフィシャルサイト 「崖の上のポニョ」□監督・原作・脚本 宮崎駿 □キャスト(声優) 山口智子、奈良柚莉愛、土井洋輝、長嶋一茂、所ジョージ、天海祐希、吉行和子、奈良岡朋子、矢野顕子■鑑賞日 7月20日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 来たぁぁぁぁぁ〜 メイちゃんがおさかなになって戻って来たぁぁぁぁ〜〜〜 4年ぶりに宮崎駿監督が手掛けた作品は原点に立ち戻り、素朴で且つ心温まるファンタジー。 そのベースに置いたのはアンデルセン童話の「人魚姫」だとか...... more
Tracked from パピ子と一緒にケ・セ・ラ.. at 2010-01-10 00:47
タイトル : 崖の上のポニョ
ポーニョ ポーニョ ポニョさかなの子 青い海からやってきた___。 とっても可愛らしい声で歌う、大橋のぞみちゃんに感激!! 全世界待望のスタジオジブリ最新作は、4年ぶりとなる、宮崎駿監督のオリジナル作品。 少年と少女、愛と責任、海と生命。神経症と不安の....... more
Tracked from シェイクで乾杯! at 2010-01-10 01:07
タイトル : 崖の上のポニョ
近年の作品になるにつれ、難解になっていった宮崎監督作品だが、本作では宮崎作品の原点に戻ったような印象を受けた。... more
Tracked from SOARのパストラーレ♪ at 2010-01-10 01:33
タイトル : 『崖の上のポニョ』・・・宮崎駿の優しい世界
劇場で観る予定のなかった『崖の上のポニョ』を、休日にしては珍しく早起きしたせいなのか、それとも昨夜テレビでやってた『となりのトトロ』のせいなのか、急に観たくなり初日にフラリと衝動鑑賞(笑) 家を出る前にネットで席を確保しておいてよかった。早めに劇場に着いたのに既に「初回上映満席」のアナウンスが。... more
Tracked from CINECHANの映画感想 at 2010-01-10 02:16
タイトル : 320「崖の上のポニョ」(日本)
人間になりたかった魚  海辺の小さな町で崖の上の一軒家に暮らす宗介はある日、頭がジャムの瓶にはまり困っていたさかなの子を助け出す。ポニョと名付けられたその子はクラゲに乗って家出してきたところだった。それ以来、彼らは互いを好きになる。しかしポニョは、人間をやめて今は海の住人となっている父フジモトによって海の中へ連れ戻されてしまう。  それでも、“人間になって宗介に会いたい”という気持ちが抑えられないポニョは、父が貯めていた生命の水を海中にまき散らしながら、妹達が作り出す大津波に乗って再び...... more
Tracked from ブツクサ徒然ぐさ at 2010-01-10 02:23
タイトル : ポニョ、だめでした…orz.......
いや、私がひねくれているんです。擦れて擦れて、心根が歪んでますのでフツーの見方ができなくなってるんでしょう。でも言わせてください。ひっかかることがいっぱいなんです。... more
Tracked from 唐揚げ大好き! at 2010-01-10 05:58
タイトル : 『崖の上のポニョ』
  生まれてきてよかった。   ■海辺の小さな町で崖の上の一軒家に暮らす宗介はある日、頭がジャムの瓶にはまり困っていたさかなの子・ポニョを助け出す。ポニョはクラゲに乗って家出してきたところだった。それ以来、彼らは互いを好きになる。しかし、ポニョはある時... more
Tracked from Sweet*Days** at 2010-01-10 11:02
タイトル : 『崖の上のポニョ』
監督・原作・脚本:宮崎駿   声の出演:山口智子、天海祐希、所ジョージ 他 海の側の崖の上に住む5歳の宗介は、ある日海で空き瓶にハマって抜けない赤い魚を見付けて助ける。その魚に「ポニョ」と名付ぎ..... more
Tracked from 迷宮映画館 at 2010-01-10 11:03
タイトル : 崖の上のポニョ
んーーーー、。。。。... more
Tracked from 君らしく 僕らしく・・・.. at 2010-01-11 20:39
タイトル : 崖の上のポニョ 観てきました
 ♪ポーニョ ポーニョ ポニョ さかなの子~{%金魚webry%}{%音符webry%}... more
Tracked from ルナのシネマ缶 at 2010-01-11 23:54
タイトル : 崖の上のポニョ
♪ポーニョ、ポーニョ、ポニョ、さかなの子 青い海からやって〜きた! ポーニョ、ポーニョ、ポニョ、ふくらんだ まんまるおなかの女の子〜♪ 実際の映画を観る前から、この主題歌が、 すっかり頭にはりついてしまいました! 海辺の小さな町の、崖の上に建つ一軒家で暮らす5歳の男の子・宗介は、 ジャムのビンに頭を突っ込んで、気絶している赤いさかなの子を助ける。 宗介はその子をポニョと名付け、交流を深めていくが、 やがてポニョは、宗介と一緒に生きたいと願うようになる・・・・。 たぶんね...... more
Tracked from Yuhiの読書日記+α at 2010-01-12 09:23
タイトル : 崖の上のポニョ
宮崎駿監督が4年ぶりに手がけた、アンデルセンの童話「人魚姫」を基にした心温まるファンタジー。 <あらすじ> 海を見下ろす崖の上一軒家に住む宗介は、浜辺で瓶に入り込んで動けなくなっていた魚の子供ポニョを助けた。一緒に過ごす内に、お互いのことを好きになる2人だが、フジモトという男によってポニョは海へ連れ戻されてしまった。宗介に会いたいポニョは、フジモトの蓄えた魔法の力を盗み出し、宗介の元を目指す・・・。 宮崎駿監督のアニメということで、上映前からものすごく話題になってましたねー。それに主題歌の「ポー...... more
Tracked from しーの映画たわごと at 2010-01-12 09:39
タイトル : 崖の上のポニョ
やっとポニョ初鑑賞。今の今まで、下知識を全く入れず、イメージとしてはあのキャラからして子供向けだろうなということと、自分の中では歌ばかりが先行していた感じ。♪ポ〜ニョ、ポ〜ニョ、ポニョ 4歳になったばかりの息子と一緒に鑑賞。嫁さんは最初から興味を示さずとい...... more
Tracked from てんびんthe LIFE at 2010-01-12 21:59
タイトル : 「崖の上のポニョ」
「崖の上のポニョ」試写会 東京厚生年金会館で鑑賞 今年の夏のスタジオジブリ作品は巨匠宮崎駿監督のこの作品。 日本人はもちろん世界中から期待される作品です。 「ハウルの動く城」からはや4年がたちつくられたオリジナル作品は、人魚姫をモチーフに作られた完全に子供向けと思われるファンタジー。 人魚姫=美少女というイメージを覆すポニョはお世辞にも美少女とはいえないちょっとぽっちゃり型の女の子だし、原型の金魚(?)は愛らしいけどはっきり言ってブサイクなつくり。 でも憎めなくてそのブサイクさが可愛かっ...... more
Tracked from 日々のつぶやき at 2010-01-14 12:36
タイトル : 【崖の上のポニョ】
脚本・監督:宮崎駿 かなり前から予告で流れていて、歌がずっと耳について離れませんでした。やっと公開です! 「ヘルパーの仕事をする母リサと船乗りの父耕一と三人で崖の上の家に住む五歳の宗介。 ある日、海で拾った金魚・・のような魚をポニョと名付けて可愛... more
Tracked from 映画な日々。読書な日々。 at 2010-01-14 18:41
タイトル : 『崖の上のポニョ』 @新宿ピカデリー
海を臨む崖の一軒家に住む5歳の少年・宗介は、瓶に入り込んで動けなくなっていたさかなの子・ポニョを助けた。一緒に過ごすうちにお互いのことを好きになる2人だが、ポニョの父親・フジモトによってポニョは海へ連れ戻されてしまう。それでも宗介を想い、人間になりたいと願... more
Tracked from のほほん便り at 2010-02-07 14:31
タイトル : 崖の上のポニョ
可愛いオハナシでしたね。宮崎版・人形姫? 「魔女の宅急便」と同じく、ただ、眺めてるだけで充分に楽しかったです。キビシー意見も少なくなかったみたいですが、コドモ目線に帰れた感覚が、なかなかに新鮮 空中ならぬ、水中や波の表現。不思議を大らかに許容しちゃう世界観、ファンタジー性もマル オンエアの関係上、先に1時間付け足したナビは、大人の事情。むしろオンエアとは逆に作品を見てからの方が「…なるほどナ」と興味深く感じました。 いや、次の作品宣伝なのも分かるですが、分かるのですが… あるいは、こ...... more
Tracked from 映画のブログ at 2010-02-07 18:47
タイトル : 『崖の上のポニョ』は大人には厳しいか?
 宮崎駿監督は、自分の子供の世代を対象に作品をつくっていたという。  長男の宮崎吾朗氏は1967年1月の生まれ。  たしかに息子さんが成長するにつれ、作品の対象年齢は上がっている。   1972年 宮崎...... more
Tracked from 虎党 団塊ジュニア の .. at 2010-03-06 11:14
タイトル : 『崖の上のポニョ』’08・日
あらすじ海辺の小さな町。崖の上の一軒家に住む5歳の少年・宗介は、ある日クラゲに乗って家出したさかなの子・ポニョと出会う・・・。感想早く観たかったけど、しばらく待ったらジブリ作品はTVで、放送してくれるからお金もったいないし、一昨日まで我慢してきたポニョ...... more
Tracked from kei☆の独り言;Blog at 2010-03-11 20:01
タイトル : ■崖の上のポニョ
2008年 公式サイト 海辺の崖の上の一軒家に暮らす5歳の少年・宗介は、ある日、頭が瓶にはまったさかなの子・ポニョを助け出す。宗介のことを好きになるポニョ。しかし、人間をやめて海の住人となった父・フジモトによって、海の中へと連れ戻されてしまう。人間になりたいと..... more
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2011-08-07 21:21
タイトル : 「崖の上のポニョ」 一途な想い
宮崎駿監督の最新作。 今回は全編手描きのアニメーションにこだわって作ったというこ... more
Tracked from ひびレビ at 2012-08-26 09:32
タイトル : 崖の上のポニョ
金曜ロードショーにて「崖の上のポニョ」が放送されたので視聴しました。 感想の前に、私はジブリ作品は好きです。「耳をすませば」が特に好きです。「ハウルの動く城」や「ゲド戦記」はどちらかといえば評価は低めですが、それでもまだ楽しめる部分がありました。 そこ...... more
Commented by ゆるり at 2010-01-09 20:54 x
新年があけてはや9日ですが、今年もよろしくお願いします!

ジブリ作品が特に好きというのでもないんですが、海の世界の様子やその色彩をぜひ大画面で見てみたいと思い、これは映画館に行きました。
やー、子供が走り回ってて劇場はなかなか賑やかでしたよ。運良くプレミアシートやったんで、殺人的な混雑jにもなんとか耐えましたが。。。
確かに、何故いつもそこまで混む?という風には思いますね。

ここ何本かのジブリ作品に比べて突出したものは感じられませんでしたが、お話としてはこじんまりとまとまってて安心感があると思いました。わかりやすいハッピーエンドなのも、家族や恋人と見るにはいいんじゃないかなぁと思います。一人で映画そのものを楽しむというよりは。

エクスカリバーさんが書いてはる部分(波を魚の形でとか)とか、映像的にはけっこう好きな作品でした。ポニョも割りとキモカワイイ感じで。(^-^;A

あっ、所ジョージさん嫌いじゃないんですけど、この作品の声優は断って欲しかったなぁ。。。。
Commented by odin2099 at 2010-01-09 23:25
今年も宜しくです~。

この作品、無名の新人監督の作品だったらあそこまでヒットしなかったでしょうし、そもそも企画そのものが通らなかったでしょう。
良くも悪くも「巨匠映画」、何が言いたいんだかサッパリでしたが、画面に現れる、そして作品全体を支配するパワーは流石です。周囲にも、面と向かって意見する人がいないんでしょうね、「巨匠」だし。

キャストは誰と言わず、みんなヒドかったと思うのですが、あーあ、ゆるりさんみたいに、もっと好意的にこの作品を観られたらなぁ・・・(苦笑)。
Commented by よろづ屋TOM at 2010-01-10 02:27 x
今頃になってあけおめ込みのコメント、しかも古い記事のトラバもさせていただいて失礼だらけで申し訳ありません。

近々、金曜ロードショウだったかでポニョやるんでもう一度観てみるつもりではいますが、私にはどうにも宮崎監督らしくない唯一の作品という気がしてなりませんでした。
いえ、作風ではありません。姿勢です、作品に対する。あの人ならではのこだわりや情熱がほとんど伝わらなかったというのが私の印象でした。
昨日『もののけ姫』を観てなおさら思いましたし。

正月早々文句ばかりですが、今年もよろしくお願いします。
Commented by odin2099 at 2010-01-10 09:46
近作と比べて、テーマ性というかメッセージ性が皆無だからじゃないでしょうか。
といって娯楽に徹した作品というわけでもなく、何というか感性だけで作っちゃったというか。そういう面では宮崎監督も「若い」んでしょうけれど、絵が綺麗だな、ぐらいしか言いようがない作品というのはどうも・・・。

余談ですがフジモトというキャラクター、なんとなく手塚治虫キャラっぽい印象を受けたんですが、自分だけですかねぇ(苦笑)。
Commented by sakurai at 2010-01-10 11:08 x
なんかなあ・・・でしたね。
作っている過程も特集されて、神経質になっているところなどを写されて、切れたりして。
そんな宮崎氏の苦悩の姿を見てからの鑑賞だったもんで、「これは苦労して作ったんですよ!!」というのが垣間見えましたね。
映画って、できて何ぼで、作っている過程は、見ている方には関係ないのに・・・などと思った覚えが。

フジモトきゃら。違います。手塚ではないです。
・・・・だったらなんだろう?
Commented by odin2099 at 2010-01-11 10:12
うーん、なんかデザインが手塚っぽい印象を受けたんですがねぇ。ま、いいか(爆)。
ドキュメンタリー、NHKと日テレで何本か放送されたみたいですね。DVDも出たし。
まぁ創作の現場が常に和気あいあい、ってこともないでしょうし、若手に(ベテランにも?)厳しい人みたいだから、ピリピリしながらの作品作りは今回に限らないんでしょうけれどもね。
『もののけ姫』の時のドキュメンタリー見ても、かなりキツイこと言ってるなーと。
Commented by とらねこ at 2010-03-24 12:20 x
こんにちは、初めまして。
TBありがとうございました。
こまねこのせいか?(笑)、TBアドレスがコピーできないので、(win6)コメントで変えさせていただきます。
Commented by odin2099 at 2010-03-24 21:53
いらっしゃいませ。
コメント、有難うございました。

うーん、こまちゃん、邪魔でしたか?(苦笑)

by Excalibur
ブログトップ