【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『侍戦隊シンケンジャー写真集 天晴!』

e0033570_22484665.jpg劇中写真やプライベートショットは殆どなく、撮影の合間に撮られたオフショットや、レギュラーセットを使った特写で構成された一冊。
時期的には6人目の戦士シンケンゴールドが加わり、夏の劇場版公開を控えた頃で、梅盛源太こと相馬圭祐は初登場。

ハイテンションでウザいキャラかと思いきや、源太はなくてはならない存在になりましたな。
彼がいなければ現在のシンケンジャーたちの装備は、かなーり見劣りするものになっていたはず。
また侍の子孫でなくてもモジカラが強い人がいる、というのは実は「丈瑠=影武者」の伏線でもあったのね。
そして丈瑠が影武者だったことで悩む侍たちとは違い、侍ではない源太は素直に丈瑠に付いて行ける。そういう重要なポジションだったんだと改めて感じた次第。

本の内容としては座談会やアンケート紹介はあるものの、資料的な価値はあまりない。
その分、メンバーの素顔をたっぷりと楽しみたい人向けでしょう。「写真集」を謳うだけのものにはなってます。
発売は一迅社から。
[PR]
by odin2099 | 2010-02-02 22:49 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/12079748
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Brian at 2010-02-03 21:53 x
この前の話の姫は、感動しましたよ。
これで正式な殿になりましたね。
いよいよ今度で最終回か・・・。
Commented by odin2099 at 2010-02-04 20:24
お姫様が、また良い娘なんだな、これが。
我儘で高飛車なお姫様だったら、流ノ介もあそこまで悩まなかったんだろうけど、前々回の黒子の朔太郎さんとのやり取りも良かったです。
序盤のゲストキャラを大事に使ってくれたなぁ、と。

しっかし「年下の義母」って、なんか妖しい響き・・・(苦笑)。

by Excalibur
ブログトップ