「ほっ」と。キャンペーン

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『超仮面ライダー電王&ディケイド<DC版>』(2009)

『超仮面ライダー電王&ディケイド/NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦<ディレクターズカット版>』(2009)

↑タイトル、長すぎて入らないらしい・・・。

「線路は続くよどこまでも」じゃないけれど、「電王は続くよどこまでも」。とうとう4本目の映画が出来、そして当然のことながら<ディレクターズカット版>も登場。ということは、これが通算7本目になりますな、『電王&キバ』だけ別ヴァージョンがなかったから。

e0033570_192665.jpg今回も前作同様、劇場公開版より約10分プラスのアナザー・ヴァージョン。10分追加程度なら特典映像扱いにしてくれよ、と毎度毎度思うのだけれども、今回はオープニングからして別編集で、タイトルにもしっかりと「ディレクターズカット」と謳ってるから、ま、許そう。
コハナちゃんのナレーションで過去話が語られるのだけれども、それで一気に「昔ばなしの鬼退治」的な雰囲気が出るから不思議なもの。そうか、ユウくんは桃太郎だったのか。

そしてTVシリーズ『仮面ライダーディケイド』とのコラボ。
この映画じゃ士とナツミカンは既にコハナちゃんとは面識あり、ってことになってるけれど、『ディケイド』の14話・15話がこれに先行するエピソードだからというのがその理由。
といっても撮影は映画版が先だったみたいだし、厳密に言うと矛盾が生じちゃうけれど、そこまで細かいことに突っ込むのはよそう。
海東は出てくるのにユウスケが出て来ないのは、演じる村井良大が『電王&キバ』で別キャラを演じ、電王メンバーと顔見知りだからエクスキューズを考えるのが面倒くさいからかね。
また『仮面ライダーキバ』とのコラボもあるけれど、あっちは単なるお遊びのカメオ出演?それともリンクさせてるつもり?

デンライナーの設定や、イマジンとの契約の説明など、『超電王』シリーズ第1弾だからなのか、基本的な部分を押えたストーリー展開は、TVシリーズを観ていなかった自分には嬉しい。良太郎とハナも、ちっちゃい方がお話の流れがスムーズなような気もするし・・・とかいうと、TV版からのファンには怒られちゃうかも知れないけれど、本来の主役不在を感じさせない子役陣の演技はお見事。その中心は、やっぱりコハナちゃん・・・。

ところで「第一弾」と銘打ちながら音沙汰なしなので、流石の『電王』ももうオシマイかと思いきや、なんと『超電王』シリーズは3作連続で2週間毎に公開というとんでもないイベントがまもなく始まる。
ゼロノス編、NEW電王編、それにディエンド編? 
中村優一、桜田通、戸谷公人の出演は決定。ということはやっぱり佐藤健抜きで、また良太郎は溝口琢矢くんかなぁ。
コハナちゃんがいて、オーナーとナオミがいて、そしてイマジンのスーツアクターとヴォイスキャストが揃いさえすれば、とりあえず『電王』にはなるわな。
e0033570_1911639.jpg

[PR]
by odin2099 | 2010-03-14 19:03 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/12307700
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Brian at 2010-03-14 20:25 x
こんばんは。
これ、観れてないんです、実は・・・。
こちらの映画館では上映されなかったもので。
(昨年末のウルトラも。)
超電王、3作品連続ですか!
驚きですが、これも観れない公算が高いです。
DVD、借りに行かなきゃかな?
Commented by odin2099 at 2010-03-14 21:19
おお、それは残念。
大作扱いの夏映画と違って、それ以外は公開規模が縮小されちゃうんですよね。昔で言う地方上映のみ、というパターンに近いようで。
TVの『ディケイド』ともリンクしているので、一見の価値あり、ですよん。

by Excalibur
ブログトップ