【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『ジャッカルの日』(1973)

e0033570_6205662.jpgドゴール政権に不満を持つ秘密軍事組織OASは、度々ドゴール大統領暗殺を目論むが悉く失敗、遂には凄腕のプロの殺し屋を雇うことにする。
<ジャッカル>のコードネームで呼ばれる暗殺者は着々と準備を進めるが、フランス政府もこの計画を察知、各国の協力を得ながら少しずつ肉薄して行くものの、今一歩というところで後手後手に回ってしまう。
そして迎えたパリ解放記念式典の日、民衆の前に姿を見せた大統領に、<ジャッカル>の照準が合わせられた・・・!

フレデリック・フォーサイスの『ジャッカルの日』は、細部に亘るまで丹念にディティールが描きこまれ、迫真のドキュメンタリー・タッチで魅せる傑作小説だが、ケネス・ロスが更に贅肉をそぎ落として脚色し、フレッド・ジンネマン監督が緊迫感ある画面作りを徹底させた、これまたサスペンス映画の傑作。

トータル2時間半近い超大作だが、最後まで飽きさせない演出のテンポの良さ、というよりもこれは編集の巧みさか。今回観直しても、全く古さは感じさせない。
ただ決着の付け方だけがちょっとあっけなく、何となく忙しい印象を受けてしまうが、逆に変にムードの流されたりしない淡々とした終わり方も、またこの作品には相応しいのかも。
<ジャッカル>役のエドワード・フォックスは、一世一代の名演技。
[PR]
by odin2099 | 2010-06-18 06:19 |  映画感想<サ行> | Trackback(4) | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/12821423
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Yuhiの読書日記+α at 2010-06-19 00:03
タイトル : ジャッカルの日
 シャルル・ド・ゴールフランス大統領暗殺を請け負った1匹狼の殺し屋ジャッカルを、これを阻止せよとフランス警察の全権を委任された警視ルベルの戦いを描いたフレデリック・フォーサイスのベストセラー小説「ジャッカルの日」の映画化。  1962年8月26日ペティ・クラマール郊外で、エリゼ宮殿からパリ近くの空港へ向かうドゴール大統領を乗せた車が、待ち伏せていた軽機銃で武装した1隊の襲撃をうけた。奇跡的に大統領は無事だった。すでに大統領暗殺は6回も計画されており、首謀者ジャン・マリエ・タリー中佐が銃殺刑に処せられ...... more
Tracked from It's a wonde.. at 2010-06-20 12:14
タイトル : 「ジャッカルの日」
 1973年/イギリス、フランス  監督/フレッド・ジンネマン  出演/エドワード・フォックス      ミシェル・ロンスダール      アラン・バデル  フレッド・ジンネマン監督の傑作。リメイク版でリチャード・ギアとブルース・ウィリスが共演した「ジャッカル」より断然オリジナルの方がいいですね。っていうか、内容かなり違うなあ・・・。(リメイク版のブルース・ウィリスは金髪がかなり似合わなかった・・・)。  ド・ゴール大統領を狙う殺し屋ジャッカル(エドワード・フォックス)とフランス警...... more
Tracked from しーの映画たわごと at 2010-06-21 17:12
タイトル : ジャッカルの日
久々に良い映画に巡り会いました。 私が生まれた前年に作られたこの作品、現代に生きる者にとっては、少し躊躇しましたが(古いので)、いやいやおもしろい。 今の映画とはやはり種が違い、映像云々とかじゃなくて、しっかりしたシナリオと展開、最後まで「どうなるん...... more
Tracked from 羅夢の映画放浪記 at 2010-06-21 17:55
タイトル : ジャッカルの日
評価 ★★★☆☆ フランス大統領ドゴールの暗殺を請け負った殺し屋ジャッカル(エドワード・フォックス)の行動を詳細に追ったフレデリック・フォーサイスのベストセラー小説を、巨匠フレッド・ジンネマン堪..... more

by Excalibur
ブログトップ