【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『陰陽師II』(2003)

短いいくつかのエピソードを組み立てて長編化した前作とは違って、今回は初めからオリジナル・ストーリーを考案、一本の映画としては非常に見やすくなった。
ただし日本神話を大胆に取り入れた筋立てはやや大風呂敷を広げ過ぎの感もあり、アマテラスやスサノオが相手ではいかに安倍晴明といえども些か荷が勝ち過ぎか。天岩戸が出てくるあたりからは物語展開とは裏腹に、美術設定を含めた画面作りに矮小さが際立ってしまうのも難点。
原作の淡々とした味わいが好きな方には、お奨めしかねる。

e0033570_6293845.jpg今回が2作目となる萬齋=晴明は流石の貫禄を見せる。
個人的にはこのキャスティング、納得しているわけではないのだが、もはや彼抜きに映画は成り立たないだろう。
コンビを組む博雅=伊藤英明の方は既に別人。すっかりコメディ・パート担当で原作の面影は微塵もない。ただ映画のバランスを考えるならば悪いとも言えないが。

対する敵役だが、前作の道尊(真田広之)は事実上ラスボス(=最後の大ボス)の位置付けにあり、しかも芝居どころの多いキャラクターで堂々たる悪役ぶりを見せていたが、今回の幻角(中井貴一)は役柄そのものに深みがないため損をしている部分も多く、また押し出しの弱さも気になり、真田広之の存在感には及ばなかった。

意外な好演を見せていたのは男勝りの姫君という設定の深田恭子で、最後に見せる「神々しい姿」には気品が足りないものの、チラっと見せる色っぽさも含めてなかなかにチャーミング。
本格的な時代劇は初挑戦とのことだが、案外このジャンルでもいけるかも、と思わせた。

製作サイドは3作目も模索しているようだが、はたして興行的にはどうだろうか。実現してくれれば嬉しいし、そろそろ蘆屋道満も出して欲しい。実は前作の道尊は原案では道満だったし、今回もプロット段階では道満が出ていたのだが。そして敵役だが真田広之、中井貴一と来ると次は佐藤浩市あたりか。

以上、転載。

結局3作目は実現ならず。
原作はまだまだ続いているので、もう一度ぐらい「萬齋=晴明」を観てみたいものだが・・・。
映画だとスケールがデカ過ぎるので、本来ならばTVドラマあたりで淡々とした味わいのものを作って欲しい。

野村萬齋の次回作は『のぼうの城』だが、まさか”のぼう様”が萬齋とは想像も出来なかった。
こればっかりは出来上がりを観てみないことには何も言えないが、かなり興味は引かれている。
[PR]
by odin2099 | 2010-10-16 06:30 |  映画感想<ア行> | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/13428685
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みゆみゆ at 2010-10-17 00:03 x
映画館で見ましたが、まったくもって覚えていません(笑)1は好きなんですけど・・・(^^;

今、『のぼうの城』を読み始めたのですが・・・のぼうが萬斎ってイメージが違う・・・と思いました。どちらかというと飄々としていて、身軽そうな(身軽そうでなく身軽ですけど・・・)動きをするというのが彼のイメージなので・・・(^^;ま、読んでみます(笑)
Commented by odin2099 at 2010-10-17 07:19
安倍晴明が女装する映画、というと思い出すかな(笑)。
今週NHK-BSで放送するみたいなので、チェックするのもいいかも。

『のぼうの城』は・・・自分だったら阿部寛あたりをキャスティングするかなあ。
で、野村萬斎をもし出すなら、むしろ石田三成に配したりして。

忍城攻防戦は色んな人が小説の題材にしてますけど、みんなイメージ違うんだよね(苦笑)。
甲斐姫に関してはあんまりブレないんだけど、やっぱり捉えどころのない人なのかな。
ま、史料があんまり残ってないってこともあるんだろうけど。

by Excalibur
ブログトップ