【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『ウルトラマンコスモス2/THE BLUE PLANET』(2002)

旧年最後が「仮面ライダー」だったから、ということでもないですが、新年一本目は「ウルトラマン」!
・・・ちっともお正月らしくないですな。
しかしここ2年ばかりは年末に「ウルトラ」と「ライダー」の新作映画が公開されてますし、今年の暮れも多分あるでしょうからこれからは定番になるのかも。

公開が危ぶまれていた劇場版『ウルトラマンコスモス』第2弾。e0033570_131951.jpg

物語はTVシリーズの数年後の設定だが、TVの、というよりは劇場版一作目の続きという雰囲気が強い。ムサシは既にコスモスとも別れ、チームEYESをも離れているが、そこで新たな事件に遭遇し、再びコスモスと共に立ちあがるという展開。

ただ、まだTV版が放映されている現在では、ムサシとコスモスがどのように別れるのかがわからないために、その「再会」がまるで盛り上がらない。同様に、チームEYESの面々もムサシを助けに再登場するがこれまたインパクトに欠ける。
これがTV終了後間を置いての公開であればイベント性も高まるだろうが、公開時期を考えればTVシリーズの一挿話扱いに留めていた方が良かっただろう。もっともこれは、TV放映延長の弊害なのかもしれないが。盛り上がらないといえば、この作品オリジナルの新ウルトラマン、ウルトラマンジャスティスの登場もそうである。

先ず、助けが必要なほどの危機感が感じられないこと、それにジャスティスとコスモスの関係が不明確でキャラクターが認知されていないことなどが原因だろう。ウルトラマンダイナのピンチに、ウルトラマンティガが復活するというのとはわけが違うのだ。
これが既知のウルトラ戦士であったならば、物語上の整合性はともかく、インパクトという面では遥かに上だ。

サイパンや小倉でロケするなど意気込みは感じられるのだが、あっけないラストも含めてシリーズ完結編としては納得いくものではない。劇場版一作目、TVシリーズと担当してきた冬木透を、音楽担当から外したのもマイナス。


e0033570_1314334.jpgえーと、公開当時の感想を「しねま宝島」から引っ張ってきましたが、既に『ウルトラマンコスモス』も遠い過去の作品になった今は結構楽しく観られました。

そもそも『コスモス』は1作目の映画がちょっと期待外れで、その後のTVシリーズにもどうしてもノレずに途中離脱しちゃったから、元々良い印象があまりないんですよね。
おまけにこの2作目公開直前に主演俳優が逮捕されたりで、さて無事に公開されるのやら、という状況だったから余計にマイナスイメージが。

まああれから随分時間が経ったし、最近の「ウルトラ」作品の中ではコスモスが冷遇され気味なこともあって、そろそろ復権させてあげようかな、という気分になってきてはいます。
[PR]
by odin2099 | 2011-01-01 13:03 |  映画感想<ア行> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/13911550
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ