【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『炎神戦隊ゴーオンジャーVSゲキレンジャー』 再見

<スーパー戦隊>の”VSシリーズ”初の劇場版!
・・・というのが謳い文句だけど、実はちょっと違う。
元々はいつも通りのVシネマとして作られたのだけれども、上映を予定していた作品(『ふうけもん』)が諸事情で公開中止。
そこで穴埋めとして急遽抜擢された、というのが真相なのだ。

なので本編開始前に素顔のゴーオンジャー5人が出てきて前説を務め、本編終了後にも出てきてイベントでの映像を盛り込み、最後には新番組だった『仮面ライダーディケイド』と『侍戦隊シンケンジャー』の予告を流して終わり、という何とも不思議な構成になっている。単独で公開するには、上映時間があまりにも短すぎたからだろう。
結局この代打上映は当たり、次の『シンケンジャーVSゴーオンジャー』は最初から劇場用として作られ(ランニングタイムも長くなっている)、今年も『ゴセイジャーVSシンケンジャー』が作られたのは記憶に新しいところ。

e0033570_2353656.jpgで、このDVD版は劇場公開版をそのままのフォーマットで収録しているので、他の”VSシリーズ”のDVDと比べるとちょっとヘンな感じ。
映画館で見た人はいいけれど、そうじゃない人はアレ?って思うんじゃないかな。

ま、この作品を引っ張り出してきたのは、先日の『ゴーカイジャー』に元ゲキレッドこと漢堂ジャン(演・鈴木裕樹)が出て来たから、オリジナルの『ゲキレンジャー』ってどんな感じだったっけなあ、と確認する為だったのだけど、ちょっと失敗。
これ、ゲキレンジャーはゲストじゃん。セレクト・ミスですな。

もっともこの作品、かなーりゲキレンジャーが目立っていて、しっかりとTVシリーズの後日談にもなっているので無問題?
シリーズの『ゲキレンジャー』ってちょこっと見ただけなんだけど、あのハチャメチャなジャンのキャラクターには付いて行けないなあと思ったもんだが、この作品では少~しだけ落ち着いた感じ。
『ゴーカイジャー』ゲストのジャンも結構落ち着いた感じではあったので、そのまんま物語世界が続いているようなのは嬉しいね。

特訓シーンで足でピアノを弾くシーンが出てくるのは『柔道一直線』(近藤正臣!)へのオマージュ?
そういえば『デカレンジャーVSアバレンジャー』以来、ずっと”恐竜や”ネタが続いていたけれど、この作品で打ち止め。『シンケンジャー』のメンバーでは、流石に絡め難かったのかな。


前回の感想はこちら
[PR]
by odin2099 | 2011-04-06 23:09 |  映画感想<ア行> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/14562195
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ