【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『陰陽師/醍醐ノ巻』 夢枕獏

「若き陰陽師・安倍晴明と笛の名手・源博雅が、平安の京に起こる怪事件を解決する大好評シリーズ」
「超人気シリーズ500万部突破!」

帯にはこれらの文字が躍っていますが、そういった大上段に構えた宣伝文句がそぐわないほど、相変わらず淡々とした、それでいて味わい深い小品揃いの短編集になっています。
通算ではシリーズ11弾ということになるようです。

e0033570_21452481.jpg己を凌ぐ笛の名手の出現に愕然となる博雅を描いた「笛吹き童子」、眠っていた夢の中で、様々な場所を旅したと語る老女の話「はるかなるもろこしまでも」、おぞましき姿に変貌した男は何故・・・「百足小僧」、天帝に命じられ月守りの役目を担った老人が、蝉丸の琵琶の音に惹かれるという「きがかり道人」他、「夜光杯の女」「いたがり坊主」「犬聖」「白蛇伝」「不言中納言」の全九篇を収録。

梅の枝先に月が引っ掛かって動かなくなったり、楊貴妃や玄宗皇帝、阿倍仲麻呂らの霊(?)が盃に宿ったり、震旦(=唐)から大天狗がやってきたり、と今までの「怪し」「妖し」「不可思議」とはちょっと趣の異なる題材があるのは、新たな切り口なのか、はたまたネタ切れの回避か・・・。

初期の頃とは作品全体の雰囲気も随分と異なり、晴明と博雅だけでなく準レギュラー級の登場人物も増えてきているが、それでも毎回読むのが楽しみ。
派手さはないが、細く長く続けて行って欲しいものである。
[PR]
by odin2099 | 2011-06-08 21:46 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/14920326
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ