「ほっ」と。キャンペーン

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『仮面ライダー×仮面ライダー MOVIE大戦CORE<DC版>』(2010)

『仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE<ディレクターズカット版>』

夏興行がすっかり恒例となり、春先から初夏にかけての新作公開も定着しつつあり、更に今度は正月興行も定番化。しかもその殆どが、<劇場公開版>と別に<ディレクターズカット版(作品によって呼び名は異なる)>がリリースされるなど、一粒で二度美味しいというか、結構あくどい商売をしている劇場版「平成仮面ライダー」。
今年の正月に公開された『仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE』も、お約束通り<ディレクターズカット版>の登場と相成りました。
ファンサービスのつもりなら、<劇場公開版>DVDリリースの際に「特典映像」にしてくれないもんでしょうかね

e0033570_18242275.jpgさて、それはさておきこの『MOVIE大戦CORE』、ディケイドとダブルが共演した前作『MOVIE大戦2011』同様3部構成になってますが、やはり前作の<DC版>と同じように順番を入れ替えてます
即ち『仮面ライダーオーズ/ノブナガの野望』に始まり、次が『仮面ライダースカル/メッセージ for ダブル』、そして最後が『MOVIE大戦CORE』。これによってストーリーの流れは格段に良くなりました。
『ダブル』のエピソードと『オーズ』のエピソードの橋渡しをする役目が、怪人であるプテラノドンヤミーなのですが、時系列的にはやはり『オーズ』→『ダブル』の方がスムーズです。

そして個人的には陳腐に思えてしょうがない『オーズ』篇で幕を開けた後、かなり秀逸な出来の『ダブル』篇から最終エピソードの『MOVIE大戦』篇へ突入するので、テンションの上がり具合はかなり違います。
まあその後の『MOVIE大戦』篇そのものは、やはりかなーり疑問符が付く仕上がりなのですが、それでも最後は割と綺麗に終わるので<劇場公開版>よりは良くなっていると思います。
約15分増量で、本編時間は107分。これは今のところTVをベースにした「ライダー」映画史上最長かな。

それにしても吉川晃司は格好良いです。
『オーズ』篇いらないから、『ダブル』篇だけ更にボリュームアップした<特別編>を作ってくれないもんでしょうかね。
[PR]
by odin2099 | 2011-09-24 18:25 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/15571557
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by しずく at 2011-10-04 17:44 x
極めて同感です。
私は劇場で観たのみでまだDC版は未視聴なのですが、劇場で観ていた時に感じたのはオーズの寒々しさでした。
いや、別にいいんですよ?
たぶん子供たちには「人間」を描いた物語よりもわかりやすいヒーロー劇の方が受けるでしょうし。
…あれ?
でも昭和ライダー達ってそんなにわかりやすいヒーローでしたっけ?

何はともあれ、「仮面ライダースカル」のみでディケイドのように半年とか、「アクセル」や「エターナル」のようにVシネマになってくれないものでしょうか。
あと、観ていておやっさんとマツさんの物語が見たくなりました。
…ただ、それをやるともう完璧に仮面ライダーではなくなるような気もするので受けれど。
Commented by odin2099 at 2011-10-04 19:33
劇場公開版よりもこちらのDC版の方が、映画として落ち着いて見られるような気がします。
まあオリジナルをいじって欲しくないという方も少なくないのでしょうが。

昭和ライダーも、決して単純明快、勧善懲悪なお話ばかりではありませんでした。
自分の経験を踏まえるならば、子どもは興味さえ惹けば、難しければ難しいなりに一生懸命付いて行くものだと思っています。
『オーズ』劇場版は、それ以前に組み立て方に問題があったように感じましたが・・・。

壮吉とマツのお話は見てみたいですね。
仮面ライダースカルやドーパント抜き、純粋な探偵モノとして作ればそんなに予算はいらないかな。
例えば深夜枠で、30分と言わず15分とか20分とのかのショートムービーでも良いかも知れません。
それで5本、10本・・・と作ってくれたらなあ、なんて妄想を膨らませたり。

by Excalibur
ブログトップ