「ほっ」と。キャンペーン

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『けっこう仮面』(2003)

前に一度観てガッカリしてるんだけど、魔が差したか、もう一回観ちゃいました。
で、そん時の感想は――
e0033570_22544918.jpg
3本のOV、2本のOVAが作られた『けっこう仮面』が遂に映画化!
今度は全寮制のアナウンサー養成学校を舞台にした、けっこう仮面の新たなる戦いが始まる!!

・・・と書くと凄そうだけれども、映画といいつつフィルム撮りじゃなくてビデオ撮りだし、内容もチープでOV版とまるで変わらん。
そもそも今度のターゲットはなんで女子アナの卵?学生じゃヤバイわけ?
それに新設定のリメイクなのかと思っていたら、このマングリフォン・アナウンサー学院なる養成学校はその前身がスパルタ学園で、以前けっこう仮面の活躍によって壊滅したんだと。
つまり続編ってこと? うーん、訳わからんぞ。
続編も同時撮影されてるようだが(こちらはストレートにビデオ・リリースのみらしい)、それで謎解きをしてくれるとも思えんのだが。

出てくる女の子が揃って可愛くないし、主演の齊藤志乃ってこんなにスタイル悪かったっけ。
石丸謙二郎の怪演のみが見所といえるのか。
あ、それと短い出番ながら美味しいところをさらって行く久保恵子が、結局は一番チャーミング。・・・って、いいのか、そんなことで。

コミックやアニメーションの名作を競って実写映画化していく今年のブームの、先陣を切って(ひっそりと)公開されたが、これではなぁ・・・。もっと原作コミックを研究すべし!

クボケーのファンだったんだよなあ・・・。

そうそう、この頃って『デビルマン』とか『キャシャーン』とか『鉄人28号』とか『忍者ハットリくん』とか、やたらと実写化されてたんだよね。
いずれもトンデモ作品ばっかだったけど、その傾向は最近も続いてますなー。
[PR]
by odin2099 | 2012-01-17 22:57 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/17233608
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まんじゅう at 2012-01-18 07:53 x
こういうエロギャグ系の永井豪作品って、
原作をそのまんま実写化すると、
この作品同様にチープになりそうな気がします。
やっぱりお金を掛けて
少々バカバカしさを大袈裟にアレンジしないといけない気がします。
でも、低予算前提でしょうからね・・・。
Commented by odin2099 at 2012-01-19 00:08
こういう作品こそ、お金をかけて映像化して欲しいなあとは思いますが、現実問題としては難しいのでしょうね。
ただ、もう少しお芝居の出来る人、アクションの出来る人を集めることは出来なかったものかなあ。

by Excalibur
ブログトップ