【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『はやぶさ 遥かなる帰還』(2012)

東映60周年記念作品。
小惑星探査機「はやぶさ」を題材にした映画としては、CGを使ったプラネタリウム作品『はやぶさ/HAYABUSA BACK TO THE EARTH』を別にすると、20世紀フォックスの『はやぶさ/HAYABUSA』に次ぐ2本目の映画で、来月には3Dで描く松竹作品『おかえり、はやぶさ』も公開になります。

e0033570_11471921.jpg20世紀フォックス版では竹内結子扮する架空の女性スタッフを中心に描いていましたが、この作品の主人公は「はやぶさ」のプロジェクトマネージャーの渡辺謙です。
同じ題材を違う角度から楽しめるのは良いのですが、この人は感情をあまり表に出さず、決断力を発揮するというよりも自分の主張を押し通すタイプにしか見えないので、共感も出来ないし、感情移入も出来ないという、ちょっと困ったことになってしまいました。映画としてはつまらない訳ではないのですが。

20世紀フォックス版では同じ人物をモデルにしたキャラクターを佐野史郎が演じ、そちらでもやはり冷徹な科学者然として表現されていましたが、主人公ではないので気にもなりませんでしたが、今回みたいにドーンと中心に居られると、映画全体が何だか息苦しく感じられて仕方ありません。

どちらかというと、主人公から見た”悪役”ポジションのキャラクターなんでしょうね。主人公をいじめたり、厭味を言う無理解な上司、という位置付けならばしっくりくるように思います。
そういう意味では、イオンエンジン担当のJAXA教授の江口洋介と民間メーカーNECから出向してきている吉岡秀隆の二人を中心に据えた方が面白かったかも知れません。
20世紀フォックス版でも同じモデルのキャラを鶴見辰吾が演じ、やはりプロジェクトの進行に振り回されていましたっけ。

あるいは新聞記者の夏川結衣が中心でも良かったかも。ジャーナリストというのは扱いやすいせいか、狂言回し的なポジションを振られていましたが、でもそうなると20世紀フォックス版の竹内結子と被ってしまい、独自色が出なくなってしまうかも知れませんが。

ちなみに20世紀フォックス版のもう一人の主役、西田敏行が演じた役に該当する人物を、この作品では藤竜也が演じています。それほど出番は多くはありませんが、全体のムードメーカーになっていて、存在感は大きなものがあります。
この人の視点から描いたのが20世紀フォックス版、この人を客観的に描いているのがこの東映版、と考えて見るのも一興かな、と。

e0033570_11473945.jpgそれにしてもこの「はやぶさ」プロジェクトの偉業は、日本の技術力の高さを証明しているのでしょうか。それとも低さを露わにしているのでしょうか。
専門的なことはわかりませんが、次々とトラブルに見舞われたのは必ずしも偶然や不可抗力、”想定外”ばかりではなかったのでしょうから、それは安定した高度な技術力とは呼べないでしょう。
一方、そういったトラブルに見舞われながらも何とかミッションを遂行出来たということは、根本的には高い性能のものを作ることが出来たからだ、とも言えるかも知れません。
いずれにせよ、今後を考えると後継機の予算は「仕分け」するのではなく、むしろ潤沢な予算を与えて欲しいものですね、”夢”への投資として。
[PR]
by odin2099 | 2012-02-20 22:45 |  映画感想<ハ行> | Trackback(26) | Comments(5)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/17393750
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from カノンな日々 at 2012-02-20 23:21
タイトル : はやぶさ 遥かなる帰還/渡辺謙、江口洋介
はやぶさ映画第二弾は東映の作品です。シネコンでこの映画のチラシを目にした人が「え?またやるの?」と話すのを何度耳にしたことでしょうか。同じ実話をベースにしているだけに ...... more
Tracked from ほし★とママのめたぼうな.. at 2012-02-20 23:46
タイトル : 『はやぶさ 遥かなる帰還』
関連映画を4作総て観て、超×2微力ながら 「新はやぶさ計画」の後押しをしたい…などと言ったものの やはり予算は削られてし... more
Tracked from LOVE Cinemas.. at 2012-02-20 23:55
タイトル : はやぶさ 遥かなる帰還
2010年6月13日に約7年の期間を経て地球へと戻ってきた小惑星探査機<はやぶさ>プロジェクトの道のりを描いた作品。主演を務めるのは日本が誇る世界の渡辺謙だ。共演に江口洋介、夏川結衣、小澤征悦といった実力派が顔を揃えている。監督は『星守る犬』の滝本智行。多くの困難を知恵と勇気で乗り切るスタッフたちの姿に感動と元気を貰える作品だ。... more
Tracked from みんなシネマいいのに! at 2012-02-21 00:03
タイトル : 「はやぶさ 遥かなる帰還」
 ちょっと前にFOXのはやぶさ映画を観て、今回は東映版、この後には松竹版が控えて... more
Tracked from as soon as at 2012-02-21 00:10
タイトル : はやぶさ 遥かなる帰還 【映画】
はやぶさ映画第3弾 今回は渡辺謙主演、瀧本智行監督 いつもこういう情報は書かないのですが、はやぶさはカオスなので記載 関連記事 第1弾「はやぶさ -HAYABUSA BACK TO THE EARTH-」 46分ドキ...... more
Tracked from よくばりアンテナ at 2012-02-21 07:18
タイトル : 映画『はやぶさ 遥かなる帰還』 観てきた〜♪
Ϥ֤DzˤܤΤ ܤδѾޡ ܡؤϤ֤HAYABUSA٤Ѥ顢̤ˤäƻפäƤΤǤ ޡĤͥؤ㤦ʤȻפäơ ޤäƤݥȤȤäƴѾޡ κʤϣܤ˴Ѥʤ⡢ оʪʤǡѼԤ並ԤζǺȤ ŤʴӤɽƤ褦˻פޤ ոˤ濴ˡ ƣʹβˤNECοʵȲδˤΩΰ㤤ˤƣȤ ʹԡʲˤ鸫Ϥ֤ ǫˡŤˡǮƤޤ ƤϤ¤˴ŤƤΤǡ ܤѤʤΤǡ ĤĤ֤äȡϤͥïäƤäפʤɤʤɤ פФ...... more
Tracked from うろうろ日記 at 2012-02-21 08:16
タイトル : はやぶさ 遥かなる帰還
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】竹内さんが主演のはやぶさを見たので、... more
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2012-02-21 08:17
タイトル : 『はやぶさ 遥かなる帰還』
□作品オフィシャルサイト 「はやぶさ 遥かなる帰還」□監督 瀧本智行□脚本 西岡琢也□原作 山根一眞(「小惑星探査機はやぶさの大冒険」)□キャスト 渡辺 謙、江口洋介、夏川結衣、小澤征悦、中村ゆり、吉岡秀隆、石橋蓮司、       藤 竜也、山崎 努、嶋田...... more
Tracked from 迷宮映画館 at 2012-02-21 12:02
タイトル : はやぶさ 遥かなる帰還
お勉強になりましたが、ちゃんとはわかってない。... more
Tracked from まっきいのつれづれあれこれ at 2012-02-21 13:58
タイトル : 『はやぶさ 遙かなる帰還』
昨年秋、竹内結子主演バージョンの『HAYABUSA はやぶさ』(当ブログ)が公開... more
Tracked from 花ごよみ at 2012-02-21 18:49
タイトル : はやぶさ 遥かなる帰還
地球から3億キロ離れた、 小惑星「イトカワ」の地表に着陸し 岩石サンプルを地球に持ち帰るという 小惑星探査機「はやぶさ」に、 課せられたミッション。 約7年の期間、総距離60億キロに及ぶ プロジェクトを終えて 2010年6月13日、 「はやぶさ」の宇宙からの帰還。 そ...... more
Tracked from 勝手に映画評 at 2012-02-21 22:39
タイトル : はやぶさ 遥かなる帰還
2010年6月13日地球帰還を果たした工学技術実証衛星「はやぶさ(MUSES-C)」を描いた実写映画。第一弾は、2011年に竹内結子主演で『はやぶさ/HAYABUSA』。これは、第二弾映画となります。はやぶさを描いた映画はもう一作『おかえり、はやぶさ』が予定されています。 第一弾...... more
Tracked from だらだら無気力ブログ! at 2012-02-22 01:04
タイトル : はやぶさ 遥かなる帰還
個人的には、『はやぶさ/HAYABUSA』 > 『はやぶさ 遥かなる帰還』かな。... more
Tracked from kuemama's_we.. at 2012-02-23 09:12
タイトル : 『はやぶさ 遥かなる帰還』
2011年/東映/136分 【オフィシャルサイト】 監督:瀧本智行 出演:渡辺謙、江口洋介、吉岡秀隆、夏川結衣、小澤征悦、石橋蓮司、中村ゆり、藤竜也、山崎努... more
Tracked from Akira's VOICE at 2012-02-23 10:16
タイトル : はやぶさ 遥かなる帰還
その信号は未来への架け橋。パルス!  ... more
Tracked from 【映画がはねたら、都バス.. at 2012-02-23 21:28
タイトル : 「はやぶさ 遥かなる帰還」
「私はメーカーの人間です!」名セリフだな。 どこで誰が言うかはこれから映画を観る人のために伏せておくけど、サラリーマンなら誰もが身に覚えがあることばよね。 でも、劇的な対立の場面はその一瞬で、あとは淡々と事が運んで行く。 はやぶさの打ち上げから帰還まで...... more
Tracked from SOARのパストラーレ♪ at 2012-02-23 22:02
タイトル : 『はやぶさ 遥かなる帰還』・・・順繰り
M-Vロケットに搭載され打ち上げを待つはやぶさ内部をボアスコープが巡るオープニング。最初にアップになる電子基盤上の小さな部品こそが、後にイオンエンジン全停止というプロジェクト最大の危機を救うことになるクロス運転回路のダイオードだ。次いでボアスコープはX軸のリアクションホイールも映し出す。 宇宙に飛び立つはやぶさがこの先体験する様々な出来事にかかわってくるこうした部品たちを最初に見せるアイデアにまず惹かれた。... more
Tracked from オールマイティにコメンテート at 2012-02-23 22:50
タイトル : 「はやぶさ 遥かなる帰還」多くの困難を最後まで諦めず乗り..
「はやぶさ 遥かなる帰還」は2003年に打ち上げられた小惑星探査機「はやぶさ」の打ち上げから2010年6月の帰還までの技術者たちの葛藤と勇気ある決断を描いたストーリー ...... more
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2012-02-23 23:00
タイトル : 「はやぶさ 遥かなる帰還」 淡々としてる
日本中が熱狂した「はやぶさ」プロジェクトの映画化作品です。 本作は東映作品ですが... more
Tracked from タナウツネット雑記ブログ at 2012-02-25 13:58
タイトル : 映画「はやぶさ 遥かなる帰還」感想
映画「はやぶさ 遥かなる帰還(以下「遥かなる帰還」)」観に行ってきました。2003年5月9日に打ち上げられ、2010年6月13日にサンプルを地球に投下して消滅した、小惑...... more
Tracked from みはいる・BのB at 2012-02-29 21:56
タイトル : 『はやぶさ 遥かなる帰還』 ('12初鑑賞21・劇場)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 2月25日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター4にて 13:35の回を鑑賞。... more
Tracked from Viva La Vida.. at 2012-03-02 05:03
タイトル : ■映画『はやぶさ 遥かなる帰還』
2003年に小惑星イトカワに向けて発射され、7年かけてイトカワと地球を往復した小惑星探査機はやぶさ。 このはやぶさを描く映画が何作品も作られているというのはニュースでも話題となり、「いかにも日本人受けしそうな題材だからって、そんな何社も飛びつかなくても…」と、ち... more
Tracked from 黒猫のうたた寝 at 2012-03-14 21:57
タイトル : はやぶさ 遥かなる帰還☆独り言
謙さんの『はやぶさ』観ようかどうしようか迷っていたらたまたま劇場到着時間が上映開始時間で待たなくてもいいのでと成り行き鑑賞してきました。竹内結子の『はやぶさ/HAYABUSA』観ていたことで状況はかなり把握した上での鑑賞だったせいもありあの作品に登場するあの人物... more
Tracked from よしなしごと at 2012-05-24 23:55
タイトル : 映画:はやぶさ 遥かなる帰還
 3つの制作会社がそれぞれの視点と思いで惑星探査機・はやぶさを映画化しました。今回は東映が描いた作品はやぶさ 遥かなる帰還の記事です。  3作品見たら、もうどのエピソードがその作品だったかすっかり混同してしまったので、ちゃんと記事に出来るか心配ですが。。。  ちなみに2012年、劇場20本目ですね。... more
Tracked from こんな映画観たよ!-あら.. at 2012-09-29 17:23
タイトル : はやぶさ 遥かなる帰還 : 二番煎じムービー
 ここ広島市内では、夕方から寒くなってきました。寒暖の差が激しいので、皆さんも風邪など引かぬように気をつけて下さい。それでは、本日紹介する作品はこちらになります。 【... more
Tracked from プロフェッサー・オカピー.. at 2013-01-07 10:27
タイトル : 映画評「はやぶさ 遥かなる帰還」
☆☆★(5点/10点満点中) 2012年日本映画 監督・瀧本智之 ネタバレあり... more
Commented by ほし★ママ。 at 2012-02-20 23:56 x
はじめまして。トラバを有難うございました。
>むしろ潤沢な予算を与えて欲しいものですね、”夢”への投資として。
本当にそう思います、多くの人が映画を観る事で
関心の高さを示せたら、などと子供じみた事など考えたりもしています。
でも本作には、ちょっと期待しすぎたかな…
堀内氏は絶対に「ボクはメーカーの人間だから」なんておっしゃらないと思うし。

ところで、「こまねこちゃん」大好きです♪
Commented by sakurai at 2012-02-21 12:01 x
なるほど!
>日本の技術力の高さを証明しているのでしょうか。それとも低さを露わにしているのでしょうか。
次々とトラブルに見舞われるってのは、逆もまた真なり!ですよね。
きちんと作れば、きちんと行って帰ってきたはずで。
それほど興味はなかったのですが、今回は謙さんの作品に対する気持ちを汲んで見に行ったのですが、私にとって見た!ということが価値の映画でした。
Commented by odin2099 at 2012-02-21 22:43
>ほし★ママ。様

いらっしゃいませ、有難うございました。

この手の作品は、どこまでが本当でどこからがフィクションなのかがわからないあたりが、もどかしくもあり楽しくもありなんですが、つい最近の出来事だけに、ストレートに描くことに抵抗があったり、反撥があったりするのかも知れませんね。生々し過ぎて。
「フィクションですよ」というエクスキューズを用意し、各方面の顔を立てるというか角が立たないようにしてるんでしょう。

「夢への投資」はやはり大切だと思います。
アポロ計画だったかの頃にも、そんなものに巨額の予算を割くくらいなら、現実に今餓えている人に手を差し伸べるべきだ、みたいな論議があったと聞きますが、虫のいい話ですけれどどちらも大切だと思っています。
切り詰めるべきはもっと別なところにあるでしょう。
Commented by odin2099 at 2012-02-21 22:44
こまちゃん、癒されますよね~。
Commented by odin2099 at 2012-02-21 22:48
>sakuraiさん

『アポロ13』もそうなんですよね。
「輝ける失敗」とか言ってるわけですが、失敗しないに越したことはないはずで。

また我々は結末を知って見ているので、「おお、この時の決断が・・・!」なんて感動することも出来ますが、当事者からすると「なんてバカな決断を」と感じたかも知れないワケで、色々難しいですね。

謙さん、ヤーな上司にしか見えませんでした(苦笑)。

by Excalibur
ブログトップ