【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『おかえり、はやぶさ』(2012)

e0033570_1610981.jpg小惑星探査機<はやぶさ>を題材にした3本目の実写映画。
真打ち登場、と言いたいところだけど、こういうものは旬が大事、早い者勝ちって部分が少なからずあると思う。
3本の中で一番フィクション要素が強いのかな、もはや<はやぶさ>じゃなくても良くなってきてる。

主人公がプロジェクトの中心人物ではなく、かといって他所者でもないという中途半端さは、他の2本との差別化の意味では面白いのだけど、自信過剰で大言壮語する嫌なヤツで、確かに能力はあるんだろうけど一緒のチームで仕事はしたくないよな、というタイプ。
この人のお父さんは火星探査機<のぞみ>のプロジェクトリーダーだった人で、その失敗から失意の裡に現場を去っていて、この父子には確執がある、という関係。
となれば、最終的に<はやぶさ>の成功を機に父子が和解するであろうという展開は読めるのだけど、これがかなりベタで歯の浮いた台詞の応酬をしてしまうからかなり興醒め。

もう一組中心となる家族がいて、主人公の同僚の広報担当者とその妻、息子。
この息子はいわゆる宇宙ヲタクで、子ども向け作品に良くいる”子どもの代弁者”、”子どもの代表”という、当の子どもからは一番邪魔っけに思われるであろうキャラ。実際うざい。
そして母親は重い病気に罹っているので、ここで難病物のテイストまで盛り込んでしまっている。
これまた予想がつくように、終盤では<はやぶさ>プロジェクトの奇跡的な成功と、この母親の手術の成功が並行して描かれるというワケ。
<はやぶさ>の偉業は安っぽいメロドラマと一緒にして欲しくないんだけどなあ。

e0033570_1610152.jpgそしてこれらにヒロイン格の女性と、実際にプロジェクトに携わっているメンバーの描写が加わるのだが、こちらはそれほど掘り下げられておらず、<はやぶさ>が何をしたいのか、彼らは何をやっているのか、<はやぶさ>にどういうトラブルが起きているのか、それはどの程度深刻なのか、それをサルベージするためにどんなことをやっているのか、といった部分の比重が軽い。詳しくは他の2本を見てね、ってことでもないだろうけど、他の2本に役者を取られてしまったのか全体的に出演者も小粒だし、出来としては一段落ちる感じ。
子ども向けなら子ども向けに徹すれば良かったのに。

実際この3本、競作ではあってもお互いにもっと協力、連携して棲み分けを図れば良かったのにな、と思わないでもない。
ある作品はドキュメンタリータッチで、プロジェクトの最初から最後まで客観的に追いかけ、ある作品ではプロジェクトの中の一人乃至二人にスポットを当て、当事者の目を通した主観的な物語を紡ぎ、またある作品では子どもや、科学や宇宙に無関心な人を啓蒙する様な夢のあるドラマ作りをする、とか。
どうやら3本とも興行的に成功とは言い難いようで、柳の下にドジョウは一匹もおらず、互いに潰し合っただけだとするととても残念だ。

ちなみに時間が合わず2Dで鑑賞。
3Dを意識したショットは確認出来たのだが、はたしてその効果のほどは如何?
[PR]
by odin2099 | 2012-04-07 16:10 |  映画感想<ア行> | Trackback(15) | Comments(4)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/17710606
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from まっきいのつれづれあれこれ at 2012-04-07 18:33
タイトル : 『おかえりはやぶさ(2D)』
あの「はやぶさ」三部作?の最後を飾る『おかえりはやぶさ』です。 本作は唯一3D上... more
Tracked from Akira's VOICE at 2012-04-08 14:54
タイトル : おかえり、はやぶさ
宇宙のワクワク感に包まれる3Dが良い!  ... more
Tracked from あーうぃ だにぇっと at 2012-04-08 17:02
タイトル : おかえり、はやぶさ
おかえり、はやぶさ@なかのZERO... more
Tracked from だらだら無気力ブログ! at 2012-04-08 17:58
タイトル : おかえり、はやぶさ
はやぶさ3作の中でダントツのつまんなさ。... more
Tracked from みんなシネマいいのに! at 2012-04-08 18:46
タイトル : 「おかえり、はやぶさ」
 さすがに、何度も同じネタの映画を見せられたら食傷気味。 最後に公開される映画は... more
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2012-04-08 20:21
タイトル : 「おかえり、はやぶさ」 着眼大局、着手小局
「はやぶさ」のエピソードの映画化作品、こちらは松竹版になります。 結果から言って... more
Tracked from LOVE Cinemas.. at 2012-04-08 20:49
タイトル : おかえり、はやぶさ
小惑星イトカワからのサンプル採取という世界初の偉業を成し遂げた小惑星探査機ハヤブサの出発から帰還までをJAXAのエンジニアの視点から描いた物語。主演は『カイジ』の藤原竜也。共演に杏、前田旺志郎、大杉漣、中村梅雀、三浦友和らが出演している。監督は『鴨川ホルモー』の本木克英、脚本を陰日向に咲くの金子ありさた担当した。... more
Tracked from みはいる・BのB at 2012-04-08 21:17
タイトル : 『おかえり、はやぶさ』 ('12初鑑賞31・劇場)
☆☆★-- (10段階評価で 5) 3月10日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター4にて 16:20の回を鑑賞。... more
Tracked from カノンな日々 at 2012-04-08 21:53
タイトル : おかえり、はやぶさ 3D/藤原竜也、杏
各映画会社の競作となった惑星探査機はやぶさの軌跡を描いた物語。私は勝手にはやぶさ映画三部作と呼んでたりしますけど、そのとりを飾るのがこの松竹映画『おかえり、はやぶさ』 ...... more
Tracked from 『甘噛み^^ 天才バカ板.. at 2012-04-08 23:01
タイトル : [映画『おかえり、はやぶさ』を観た(これにて、「はやぶさ..
☆・・・この作品、なんかしょぼそうだったのだが、まあ、普通に面白かった。  だが、先ず、この作品の楽しみ方とは、単体で観るよりも、先行した競作作品との絡みで見ることにあると思う。    (0.5)『はやぶさ HAYABUSA BACK TO THE EARTH』    (1)『は...... more
Tracked from ☆みぃみの日々徒然日記☆ at 2012-04-09 09:27
タイトル : 映画:「おかえり、はやぶさ」♪。
平成24年3月12日(月)。 映画:「おかえり、はやぶさ」。 【監  督】本木克英 【脚  本】 金子ありさ 【キャスト】  藤原竜也 (大橋健人)・杏 (野村奈緒子)・三浦友和 (大橋伊佐夫)  前田旺志郎 (岩松風也)・森口瑤子 (岩松多美)・田中直樹…... more
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2012-04-09 12:36
タイトル : 『おかえり、はやぶさ』
□作品オフィシャルサイト 「おかえり、はやぶさ」□監督 本木克英 □脚本 金子ありさ □キャスト 藤原竜也、杏、三浦友和、前田旺志郎、森口瑤子、田中直樹、       宮崎美子、豊原功補、大杉 漣、中村梅雀■鑑賞日 3月11日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの...... more
Tracked from as soon as at 2012-04-10 02:24
タイトル : おかえり、はやぶさ 【映画】
はやぶさ4作目 ラスト・はやぶさ ラストサムライ的な 関連記事 第1弾「はやぶさ -HAYABUSA BACK TO THE EARTH-」 46分ドキュメンタリー 監督: 上坂浩光 第2弾「はやぶさ/HAYABUSA 【映画】」 ...... more
Tracked from とりあえず、コメントです at 2012-04-11 23:35
タイトル : おかえり、はやぶさ
各社競作企画映画“はやぶさ”の松竹版です。 これまでの「はやぶさ/HAYABUSA」「はやぶさ 遥かなる帰還」と観て来たので、 どうせなら今作もチャレンジしようと決めていました。 親子の絆を絡めながら、はやぶさの偉業を子供にも分かるように丁寧に伝えてくれる作品でした。 ... more
Tracked from よしなしごと at 2012-06-20 00:07
タイトル : 映画:おかえり、はやぶさ
 3つの制作会社がそれぞれの視点と思いで惑星探査機・はやぶさを映画化し、今回は松竹が描いた作品、唯一3Dで作られたおかえり、はやぶさのレビュー記事です。ただし鑑賞は2Dで。... more
Commented by F20!! at 2012-04-07 18:36 x
>連携して棲み分け
確かにそう思いますね。
やっぱり同じテーマで3本はキツイですわ。
Commented by odin2099 at 2012-04-08 00:18
同じ人物をモデルにした登場人物がそれぞれの作品に出てくるけど、結構イメージが違うので戸惑ったり、同じエピソードを細部変えて取り上げてるとどれが本当?と混乱したり・・・。
それにこの作品の場合、イトカワへのタッチダウンまでがあっさりしていてちょっと拍子抜けしちゃいました(苦笑)。

あと、藤原竜也とココリコ田中のキャラ同士の関係がよくわかんなかったなあ。
最初はてっきり兄弟なのかと思ってたんだけど、結局赤の他人だったのね。
その割に家族ぐるみっつーか、マンション(団地?)の鍵を預けたりするような仲というのもねえ。
Commented by みぃみ at 2012-04-09 09:31 x
3Dで観ました。劇場内前方をはやぶさが本当に飛んでいるような感覚と冒頭の宇宙の姿、とても美しかったですよ~。
Commented by odin2099 at 2012-04-09 11:19
そうだったんですか。
しまった、無理してでも3Dで見れば良かったかなあ。
そうすれば感想も違ったかも?!

by Excalibur
ブログトップ