【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『ダークナイト』のおさらい

『バットマン・ビギンズ』に続いて『ダークナイト』を見たのは良いんですが・・・なっかなか『ダークナイト・ライジング』を見に行く気分にならなくて・・・。
行くなら吹替版だよなあ、なーんて思っていたら吹替版の上映は終わっちゃってるし、サイアクこのままDVD&Blu-ray待ちかも?という気分になってきました。
それだけこのシリーズ、自分には心理的ハードルが高いんですよね。今度のだってハッピーエンドの大団円はまず望めないだろうし・・・。

さて『ビギンズ』は試写会で字幕版を見て、劇場で吹替版を見て、で『ダークナイト』も吹替版を見よう!と思っているうちに今回同様上映が終わってしまったので、仕方なく字幕版を見に行ったという経緯があるもんで、今度は吹替版をチョイス。
これまた短期間に2種類作られてますけど、今回は劇場公開&DVD、Blu-ray搭載ヴァージョン。ちなみにメインキャストをTV放送版と並べてみると――

 ブルース・ウェイン(バットマン):檀臣幸/藤真秀
 ジョーカー:藤原啓治/大塚芳忠
 ハービー・デント(トゥーフェイス):木下浩之/井上和彦
 レイチェル・ドーズ:本田貴子/岡寛恵
 アルフレッド・ペニーワース:小川真司/糸博
 ジェームズ・ゴードン:納谷六朗/立木文彦
 ルーシャス・フォックス:池田勝/坂口芳貞

これまた味のある配役になってますね。もうタレント吹替なんて入り込む余地もないくらい。やはりこうでなくては。

e0033570_1539204.jpgで、今回吹替で見て、初めてジョーカーの真の狙いが理解出来ました。字幕追っかけてる時は単なる愉快犯にしか見えなかったんですけど、そっか、なるほどね。
デントを「光の騎士」と持ち上げておいて、その対比でバットマンを「闇の騎士(ダークナイト)」としている意味も良くわかりました。

またマイケル・ケインとモーガン・フリーマンの存在感ったら半端じゃないです。ブルースがしっかりしているように見えて、あれで案外根無し草みたいなキャラなので、執事のアルフレッドと社長のルーシャスのサポートがなければ、バットマンは存在しえないですね。
ところで今回レイチェル・ドーズの配役が交代してますが、個人的にはマギー・ギレンホールの方が好みだったりします。
[PR]
by odin2099 | 2012-08-28 06:35 |  映画感想<ハ行> | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/18728671
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まんじゅう at 2012-08-28 07:57 x
見てない人に詳しくは言いませんが、
大団円かどうかは実際に見ていただくとして、
一応ハッピーエンド・・・ですよ。
Commented by odin2099 at 2012-08-28 08:00
あらま?そうなんですか。

by Excalibur
ブログトップ