【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『宇宙戦艦ヤマト2199 ヤマト音楽団大式典2012』

土曜日、舞浜アンフィシアターというところまで遠征してきました。
e0033570_22205883.jpgいやー、なんつーわかりにくい処なんだろ?イクスピアリは迷路みたいだし、案内版は不親切だし・・・それともディズニーリゾートに精通していない自分が、時代というか世界から取り残されてるんでしょうか・・・?

それはさておき、今回は昼夜2公演(14時と18時半)の内、昼の部を見て(聴いて)きました。
指揮は宮川彬良、演奏は大阪市音楽団と土気シビックウィンドオーケストラの合体したヤマト音楽団で、コーラスでYuccaと東京混声合唱団が参加。歌手はささきいさお、結城アイラ、美郷あき、司会は太田真一郎・・・ってこの人、声優さんだったよね、確か。
三部構成になっていて、第1部は「ヤマトサウンドの世界」、第2部は第11話「いつか見た世界」先行上映、そして第3部が「主題歌による『宇宙戦艦ヤマト』の世界」でした。

e0033570_2222031.jpg第1部は旧作パート1の音楽、そしてそれをリ・アレンジした『2199』の音楽を、アキラさんの解説付きで生演奏するというもの。「ヤマト」の音楽はクラシックじゃなく、ロックだ、との主張はここでも繰り広げられていまして、例として上げられたのが「探索艇」と「無限に広がる大宇宙」でした。
また元ネタについても説明されていて、「美しい大海を渡る(イスカンダル)」が『オズの魔法使』の「虹の彼方に」、それに「艦隊集結」が『ベン・ハー』のテーマ、なんていう話も。「ベン・ハー」に関しては初耳でしたね。
第1部は1時間強でしたが、このまま2時間くらいやって欲しかったものです。

第2部に関しては正式公開が来年1/12からなので、ちょっと感想書き難いですねえ。
いよいよドメル将軍が出てきますが、その際にちょっとしたお遊びのシーンが・・・というか、これはその、色々な意味での伏線なんでしょうか、音楽演出含めて。
また旧作とは古代と島の性格が真逆になっちゃってるので、旧作ファンほど違和感があるでしょうね。あとはねー、雪と山本の会話の噛み合わなさとか、山崎さんのポジションとか、ガミラスの女兵士とか、
書きたいことは色々ありますが、とりあえず自粛します(笑)。
あ、これは書いても良いのかな。第四章のEDテーマを歌っているのはKOKIAという方です。

第3部は歌のコーナー。
ささきさんが先ず4曲を歌いましたが、「ヤマト!!新たなる旅立ち」は大好きなだけに嬉しかったです。歌詞の間違いは気になりましたが。更に「ヤマトよ永遠に」は、歌うのがレコーディング以来だという話でしたが、こちらはもう・・・(以下略)。
続いてYuccaさん登場で「ラブ・シュープリーム~至上の愛~」。いやあ流石ですね。あれだけ音域広い曲をきちんと歌いこなすんですから。
次は『2199』ED曲3曲を続けて・・・なんですが、ここでトラブルが。
このコーナーは「ラブ・シュープリーム」だけアキラさんがピアノで伴奏付けてましたが、後は全部カラオケ使用。ところが「星が永遠を照らしてる」の最後の盛り上がるところで音飛び。結城さん、お気の毒でした。
そして最後は皆で起立して「宇宙戦艦ヤマト」を大合唱!

てなところで休憩なしの約2時間半でした。
アキラさんのトークは面白かったですし、生演奏も良かったです。

でも、色々と言いたいことはあります。
この会場、音楽を演奏したり、映像をスクリーンで見せたりするのに適した場所じゃないですよね。
後の方のブロックで、しかも端っこの席だったもので、スクリーンを真横とは言いませんがかなり平面的に見る羽目になりましたし、演奏の音もスピーカーで拾っていたらしく、指揮とタイミングがずれて聞こえることもありました。前のブロックの席での拍手の音さえ聞こえてこないのは、音の伝わりが悪いということですよね。
ささきさんの歌もちょっと悲しくなっちゃいましたけど・・・
それでも全体的には楽しかったです。終演後、仲間と雑談に興じた一時も含めて。次も是非お願いします。
e0033570_17325659.jpg

[PR]
by odin2099 | 2012-11-11 22:23 | 音楽 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/19194410
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by KoZ at 2012-11-12 13:48 x
こんにちは。夜の部を観にいってました。
>この会場、音楽を演奏したり、映像をスクリーンで見せたりするのに適した場所じゃないですよね。
元は、シルク・ドゥ・ソレイユの専用劇場で張り出しの丸いステージでパフォーマンスしたり、その上空で綱渡りや空中ブランコを繰り広げる構造でした。シルクの音楽も生演奏でしたが、大式典もちょっとスピーカーに頼りすぎているような感じを受けました。もちろん、スピーカーからの音も、もの凄く臨場感もあるし、良い音なんですけど。もうちょっと生音っぽさが欲しかった。
Commented by odin2099 at 2012-11-12 22:29
>KoZ様

いらっしゃいませ。

そうでしたそうでした、以前「シルク・ドゥ・ソレイユ」をここに見に行ってたんでした(汗)。その時はもっと広かった印象があるんですが。
またショーを前提にした音響と、オーケストラなどの演奏向きの音響設備とは自ずと別物なんでしょうね。

そういえば夜の部は格段トラブル等もなく、スムーズに進行したと聞いておりますが。
Commented by KoZ at 2012-11-13 16:22 x
ステージ奥側が取り払われ(今回は取り払った奥にオケの方々が)、天井の空中ブランコ用ネットやら無くなってるから、物理的にはその分、広くなってるハズなんですけども…
まぁ、シルクの時は舞台を覆う布とか、それが奈落に引き込まれるオープニングとか、より広大に感じたせいかもしれません。

夜の部は、私は気がつきませんでしたが、ライブらしく歌詞間違いはチラホラあったとか無かったとか…

業務用の大きなビデオカメラが何台か入って撮影していましたが、商品化したりするんでしょうかね?
(商品化されたら、歌詞間違いもチェックできるか?(笑
Commented by odin2099 at 2012-11-13 17:39
>KoZさん

解説ありがとうございます。
商品化は・・・出して欲しいですが、出さないんじゃないかなあ(^^ゞ
おそらくDVD&Blu-rayの第4巻か第5巻に特典映像として収録されるだけだと思ってますが・・・。

by Excalibur
ブログトップ