【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『特命戦隊ゴーバスターズ THE MOVIE<ディレクターズカット>』(2012)

『特命戦隊ゴーバスターズ THE MOVIE/東京エネタワーを守れ!<ディレクターズカット>』(2012)

劇場公開版27分に対して35分にパワーアップした、<スーパー戦隊>シリーズ初めてのディレクターズカット版が登場。今まで<平成ライダー>のDC版は毎回あるのに、なんで<戦隊>は?との声に応えたとのことらしいですが、『ゴーバスターズ』ってそんなにパワーあったのかな。それともたまたまタイミングが合ったってことでしょうか?

e0033570_6391228.jpgともあれ、TV本編よりちょこっと長い程度の公開版に比べ、劇場版なりの”お祭り感”は味わえますので、DC版ということではなく毎回これぐらいの尺でやって貰いたいものです。毎度毎度思いますけど、<戦隊>と<ライダー>の2本立ては間に休憩挟むぐらいで丁度良いと思うんですけどね。

で、長くなったのはアクションシーンだけかと思いきや、人間ドラマというかキャラクターの幅が広がるちょっとした仕種、リアクション、小芝居などが拾われているので、そのあたりも嬉しいですね。エンディングも長くなり、エンドロールのお遊び部分もより楽しくなっています。公開版とDC版、どっちが良いかと言えば、これは文句なしにDC版でしょう。

特典映像は製作発表や試写会、公開二日目の舞台挨拶など。これでメイキングも入れてくれていればもっと良かったですが、そこまで贅沢は言えないのかな。武部直美プロデューサー、脚本家の小林靖子、それに柴﨑貴行監督によるオーディオコメンタリーも、裏話的なことにも触れているのでお得感あり。
[PR]
by odin2099 | 2012-12-21 06:40 |  映画感想<タ行> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/19386420
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ