【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『だれもがクジラを愛してる。』(2012)

アラスカ州バローでTVの特派員をしているアダムは、ある日氷に閉じ込められた三頭のクジラを発見、リポートを流します。このままではクジラの命はあと数日しか持ちそうもないと報じられたTVを見て、アダムの元恋人のレイチェルから連絡が。グリーンピースの活動に参加しているレイチェルは何としてもクジラを助けるべきだと訴え行動に移しますが、過激な言動に州知事も地元民も耳を傾けません。しかしやがて彼女の想いが多くの人々の心を動かし、環境問題を巡って対立していたアラスカ石油の社長はイメージアップ戦略を兼ねて協力を申し出、選挙を控えたレーガン大統領も腰を上げ軍を出動させ、大々的なクジラ救出作戦が開始されるのですが・・・。

e0033570_2216018.jpg1988年に実際に起きた「クジラ救出作戦」を取材したジャーナリストのノンフィクションに基づく映画だそうです。
監督はケン・クワピス、出演はレイチェルにドリュー・バリモア、アダムにジョン・クラシンスキー以下、クリスティン・ベル、ダーモット・マローニー、ヴィネッサ・ショウら。

大々的に世界に報じられたそうですが、こんなことが起きていたとは知りませんでした。
原題の”BIG MIRACLE”はこの救出作戦そのもので、アクシデント続きで難航する作業の最後の切り札として登場するのが、まだ冷戦下にあったソ連の砕氷船というのは出来過ぎな気が。

レイチェルの”善意”は狂信的ですし、実際に作業に当たっている人たちは皆”打算”で動いていますので、決して美談ではありません。でも単純に環境保護を声高に主張するのではなく、石油採掘会社には石油採掘会社の、捕鯨を生業とする地元民には地元民の、それぞれの立場も描きつつ、それを超えた「絆」を描くことで気持ちの良い作品に仕上がっています。
「だれもがクジラを愛してる。」という邦題は言い得て妙。実際のところはどうなのかわかりませんが、結局は一人も悪人が出てこない映画でした。


【ひとりごと】
氷の下の海の世界、ゆったりと泳ぐクジラの親子。
美しい映像だったなあ。。。
クリフ・エデルマンの音楽も優しい。
[PR]
by odin2099 | 2013-01-03 22:16 |  映画感想<タ行> | Trackback(9) | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/19460656
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 映画1ヵ月フリーパスポー.. at 2013-01-03 22:31
タイトル : だれもがクジラを愛してる。
評価:★★★★★【5点】(10) 個人の思惑、誰がいちばん得したのでしょうか(笑) ... more
Tracked from 我想一個人映画美的女人b.. at 2013-01-04 01:40
タイトル : だれもがクジラを愛してる。/ BIG MIRACLE
ランキングクリックしてね ←please click 1988年にアラスカで実際に起こった出来事をもとに、 氷に閉じ込められたクジラを救出するため奮闘する人々の姿を追うドラマ。 主演はドリュー・バリモア。 原作はトム・ローズの「Freeing the Whales」 「...... more
Tracked from 風に吹かれて at 2013-01-04 14:12
タイトル : だれもがクジラを愛してる。
様々な思惑の人達公式サイト http://love-whale.jp実話の映画化原作: だれもがクジラを愛してる。 (トム・ローズ著/竹書房)監督: ケン・クワピス  「旅するジーンズと16歳の夏」 ... more
Tracked from カノンな日々 at 2013-01-04 14:54
タイトル : だれもがクジラを愛してる。/ドリュー・バリモア
1988年10月。アラスカの沖合の北極海で厚い氷の下に3頭のコククジラの家族が閉じ込められてしまい、アメリカ合衆国と当時は敵国だったソ連も協力しての救出作戦を繰り広げたという出 ...... more
Tracked from ダイターンクラッシュ!! at 2013-01-04 15:15
タイトル : だれもがクジラを愛してる。
2012年7月21日(土) 17:00~ TOHOシネマズ シャンテ2 料金:0円(フリーパスポート) 『だれもがクジラを愛してる。』公式サイト フリーパスポート14本目。 アラスカ。氷の下の閉じ込められた鯨の親子。 先住民、エコ活動家、企業家、軍人、大統領側近、町の発明家、ソ連海軍色々な連中が、鯨の救出に奔走。 鯨食民族である俺は、テロ紛い行為まで行うエコ活動家が嫌いだ。 ドリュー・バリモアが、独善的な感じの悪いエコ活動家を演じているのだが、最後にはいい奴に思えてくる。 これは劇中、本来対立...... more
Tracked from セレンディピティ ダイアリー at 2013-01-04 21:54
タイトル : 「だれもがクジラを愛してる。」
ドリュー・バリモア主演の映画、「だれもがクジラを愛してる。」(Big Mirac... more
Tracked from 勝手に映画評 at 2013-01-04 22:10
タイトル : だれもがクジラを愛してる。 / Big Miracle
1988年10月、アラスカで実際にあったクジラ救出劇を下に描いた作品。 1988年の話ですが、今のアメリカでも、もちろん日本でも、こういう事が起きたら、やっぱりクジラを救おうとする動きが出るのではないでしょうか? 実際に、時折、クジラにかぎらず、猫とか犬とかの救...... more
Tracked from ラムの大通り at 2013-01-07 21:50
タイトル : 『だれもがクジラを愛してる。』
(原題:Big Miracle) ----変わったタイトルの映画だよね。 ちょっと、想像がつきにくい…。 「うん。 舞台もアラスカだし、 これはまじめな環境映画かなと、 ぼくも少し腰が引けていたんだけど、 改めてキャスト表を見て いやいや、観る価値十分ありと…」 ----どういう...... more
Tracked from Mooovingな日々 at 2013-01-22 22:41
タイトル : 『だれもがクジラを愛してる。』 (Big Miracle)
アダム・カールソンはアメリカ最北の街、アラスカ州バローにテレビリポーターとして派遣されていたが、報道する話題に乏しいと感じていた。ある日彼は3頭のクジラの親子がバロー沖の分厚い氷の下に閉じ込められているのを知る。それをニュースとして報道したところ、これが世界を巻き込む話題となり、報道陣が救出現場へ押し寄せた。アダムの元恋人で、環境活動家レイチェルからも電話が入り、彼女のメディアを使った呼びかけもあって州知事が州兵部隊を動かし、環境破壊の首謀者といわれる石油会社の社長はイメージ回復とすべく協力を申...... more

by Excalibur
ブログトップ