【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『超新星フラッシュマン』(1986)

e0033570_19501517.jpg3月公開の<東映まんがまつり>で上映された一篇。
番組スタートから2週間経っての劇場公開なので、映画館へ来たちびっ子たちにはまだ馴染みがなかった頃かな。撮影はおそらくパイロット(1~2話)と一緒かその直後くらいの筈で、まだまだみんなの演技が固い。
というか、全体的に『フラッシュマン』のメンバーって芝居が上手かったという記憶がないなあ・・・・・・。

お話は、改造実験帝国メスが生み出した最強の獣戦士ザ・ガラゴスに翻弄されるフラッシュマンたち、しかしザ・ガラゴスには意外な弱点が・・・?というようなものなのだけれども、番組始まってすぐの時期に「最強」とか言われましても説得力ないね。

TVシリーズは多分リアルタイムで全話見てるけど、この劇場版はさすがに映画館では見てなくてその後でビデオやDVDで何回か見たんだけど、やっぱり面白くない。仮にリアルタイム世代だったとしても、きっと楽しめなかったんじゃないかなあと思う。
清水紘治や萩原佐代子ら、敵側のキャストがちょっと勿体ない。
e0033570_19504851.jpg

[PR]
by odin2099 | 2013-01-17 19:56 |  映画感想<タ行> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/19569514
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ