【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『特捜ロボ ジャンパーソン』(1993)

e0033570_21462058.jpgメタルヒーロー物としては12作目になるらしいTVシリーズの劇場版で、新しく始まった<東映スーパーヒーローフェア>という番組の一本として公開された。同時上映は『仮面ライダーZO』『五星戦隊ダイレンジャー』。宣材では未表記だが、本編には「母よ、永遠に! 愛と炎の電脳手術室」という副題がクレジットされている。

『ジャンパーソン』の特徴は、何といっても主人公が変身しない”ロボット刑事”だということだろう。またジャンパーソンが敵対する組織は3つあって、それぞれが同時に存在しているという点も異色。
といってもこの頃の東映ヒーロー作品は1話から見ているものの、大体2~3カ月くらいで視聴を止めてしまうパターンが殆どだったが、この作品もご多分に漏れず。この劇場版が公開されたのはTV放映が1クール終了する前後だが、おそらくこの辺りでリタイヤしている筈。まあ正直言って面白くなかったんだろうね。

e0033570_21465849.jpgこの劇場版も久々に見てみたものの、うーん、特に語るべきポイントはないのかな。
JACメンバーが大挙して顔見せ出演してるとか、若草恵の音楽がジェリー・ゴールドスミスが担当した劇場版『スター・トレック』のテーマ曲っぽくて格好良いとか、そのぐらい…?

あ、紫を基調としたジャンパーソンのボディカラーは、ヒーロー物の主役としてはかなり珍しいかも。
また”ロボット刑事”という設定と裏腹に、そのデザインはメタルヒーローの元祖「宇宙刑事」のラインを踏襲していて、並べてみれば「新しい宇宙刑事」だと主張しても違和感はない…と思う。
[PR]
by odin2099 | 2013-04-24 21:48 |  映画感想<タ行> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/20368918
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ