【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『仮面ライダーフォーゼ/ファイナルエピソード ディレクターズカット版』

TVシリーズDC版の第2弾で、今回のセレクトは最終回となる47・48話の再編集版。そして前回同様約10分の未公開シーンを追加し、一本のエピソードとして再編集している。
独立した作品として見せたいのであれば「これまでのあらすじ」部分をもっと長めにして、『仮面ライダーフォーゼ』という番組をあまり見ていなかった層にもアピールして欲しかったな、という思いもあるけれど、中心となる対象者は熱心にTVを応援していたファンで、その人たちに向けたプレゼント、ということなのだろう。

e0033570_1844929.jpgクライマックスとなる”我望理事長からの卒業式”という展開には付いて行けない部分もあったりするし、理事長との”友情のシルシ”は予想出来たもののそこに至る”改心”の描き方がちょっと舌足らずにも感じてしまうのだが、賢吾からライダー部の皆へメッセージを贈るシーンなど思わず涙腺が緩む展開で、アクションシーンも然ることながらドラマ部分の見応えも十分にあり。改めて『仮面ライダーフォーゼ』って面白い番組だったんだなあと認識した次第。

オーディオコメンタリーは高橋龍輝清水富美加坂本浩一監督の3人。どうしても画面に見入ってしまうようで、賢吾もユウキも大人しめ。その分監督が色々とフォローを入れていたけれど、もっと素の二人のトークも聞きたかった。
[PR]
by odin2099 | 2013-05-19 18:04 | ビデオ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/20516050
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ