【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『宇宙戦艦ヤマト2199 第六章/到達!大マゼラン』(2013)

e0033570_18481358.jpgデスラー暗殺未遂事件はゼーリッツ一派によるクーデターと判明、嫌疑が晴れたドメルにデスラーよりヤマト討伐の命が下される。難所とされる七色星団の迂回コースを進言する島に対し、沖田艦長は敢えて危険な最短コースを取ることを決断するが、ドメルはそれを読み艦隊を率いて待ち構えていた。かくして七色星団における両軍の死闘の幕は切って落とされた!

劇場版第7弾『到達!大マゼラン』は、19話「彼らは来た」、20話「七色の陽のもとに」、21話「第十七収容所惑星」、22話「向かうべき星」の四話を再構成。
正直言って今回のパートはネタバレ無しで感想を書くのは至難の業
なので無用な予備知識を仕入れたくない諸君は回避行動を取られんことを!

e0033570_18482999.jpg旧作の七色星団の決戦はドメルが挑戦状を送るところから始まるが、今回は沖田・ドメルの両雄が互いに相手の行動を読んだ上で出会うべくして出会ったという流れになっている。
空母部隊を率い、ヤマトの艦載機を誘き出したところへ物質転送機(瞬間物質移送機)で更なる奇襲をかけレーダーを破壊、止めに特殊削岩弾(ドリルミサイル)を波動砲口から打ち込むという流れは概ね同じだが、ドメル艦隊はもう一つ任務が課せられていた。フラーケン指揮の次元潜航艦により特殊部隊をヤマト艦内に送り込み、ユリーシャを確保することだった。

その特殊部隊に選ばれたのは地球人と同じ肌の色を持つ、シュルツと同じ星出身の二等ガミラス人たちだったというのは秀逸な設定だし(ガミラス国歌の使い方も上手い。1話における「銀河航路」に匹敵する)、雪がユリーシャと誤認されて連れ去られるというのも二人が瓜二つという設定からの解釈だろう(そもそも二人が酷似している理由は今後明かされるのだろうか)。

当初は「休養半分」でヤマトに対していたドメルが、七色星団の決戦では「祖国の命運をかけ」て挑むという旧作におけるガミラス国力の低下に対しても今回理屈付けが行われているのも、拘り派の監督、スタッフらしい。表層として描かれる艦隊決戦の迫力は旧作と同じだが、その裏側に流れるものは大きく違っているのだ。

その「違い」が雪の拉致、そしてユリーシャの覚醒から前面に押し出されてくるようになる。
ガミラスが一枚岩でないことはゼーリッツのクーデターや幕僚の顔触れを見てもわかるところだが、差別や堕落・腐敗の中、様々な立場のガミラス人がいることが描写され、またガミラスにとってイスカンダルがどういう位置付けなのかも明らかにされる。オルタの呟いた「メガミ…」には深い意味があったのだ。
そしてイスカンダルとの<大統合>というデスラーの真の目的も……。

星名と岬、加藤と原田、篠原と山本?、島と新見??
――とキャラクターの繋がりも強調され始め、メルダが再びヤマトに乗りこむことによって、ガミラス人のメルダ、イスカンダル人のユリーシャ、そして地球人の山本によるまさかの女子会トーク実現、などという超展開を挟みながらも、中心となるのはやはり古代と雪。

もはや「知らぬは当人たちばかり」の公認カップル化してきた二人が、今回敵味方に別れてしまうのは『ヤマトよ永遠に』を彷彿とさせるが、これが旧作(地球の再生、ガミラス滅亡、滅びゆく運命を受容するイスカンダル)とは違うラスト、地球、ガミラス、イスカンダルの共存の道をも提示してくれるものと思われる(あるいはそこにガトランティスも含まれるのか?)。

「どうして波動エンジンではなく、直接コスモリバースを届けないのか」
「ガミラスが双子星だと知っていたら、それでもイスカンダルへ行こうとしたか」
唸らせられる台詞も多い。

イスカンダル、そして双子星であるガミラス本星を目前にし、ヤマトは否応なく戦火に巻き込まれてゆく。後二カ月、最終章の公開が非常に待ち遠しい。

【つぶやき】
e0033570_18501771.jpg・さらば伊東!さらば藪よ…!
・落ちない第三艦橋
・雪と新見のブラチラ……
・ヒルデ♪
・GJ!
・サブちゃん
・マゼラン・パフェ
・守秘義務は守ります
・トリオ漫才
・「Disco白色彗星」再び
・「デスラー襲撃」キターーーッ!

そして
「ユキー――ッ!」
[PR]
by odin2099 | 2013-06-15 18:52 |  映画感想<ア行> | Trackback(9) | Comments(2)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/20658851
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 真・天文台 at 2013-06-15 23:15
タイトル : 宇宙戦艦ヤマト2199 第六章「到達!大マゼラン」
監督:出渕裕 脚本:森田繁・村井さだゆき・大野木寛... more
Tracked from ふじき78の死屍累々映画日記 at 2013-06-16 10:22
タイトル : 『宇宙戦艦ヤマト2199 第六章到達!大マゼラン』を新宿..
五つ星評価で【★★★★不満はあるが「そう来やがったか」な展開にワクワク】 ピカの一番でかい劇場が、毎回満席か、満席近く。よきかなよきかな。 まず、ピカデリーに午前11時 ...... more
Tracked from 映画のブログ at 2013-06-16 18:57
タイトル : 『宇宙戦艦ヤマト2199 第六章 到達!大マゼラン』 彼..
 遂に公開された第六章には深く考えさせられた。  『宇宙戦艦ヤマト2199 第六章 到達!大マゼラン』が面白いのは判りきっている。なにしろシリーズ最大の見せ場ともいえる、七色星団の決戦が描かれるのだ...... more
Tracked from まっきいのつれづれあれこれ at 2013-06-17 00:16
タイトル : 『宇宙戦艦ヤマト2199 第六章 到達!大マゼラン』ネタ..
今日6/15に封切りされた宇宙戦艦ヤマト2199もついに第6章に突入しました。 ... more
Tracked from 『甘噛み^^ 天才バカ板.. at 2013-06-17 11:09
タイトル : [映画『『宇宙戦艦ヤマト2199 第六章 到達!大マゼラ..
 ・・・以下は、書き途中です。(いちお、書き終えました^^)  必ず、明日には書き終えますので、少々お持ちを!(書き終えましたってば!)  とりあえず、私が、繰り返し言及している、森雪のお尻と、こんもり股間をお楽しみください^^            ...... more
Tracked from 西京極 紫の館 at 2013-06-18 00:13
タイトル : 宇宙戦艦ヤマト2199 第六章  総監督/出渕 裕
【声の出演】  菅生隆之(沖田十三)  小野大輔(古代 進)  桑島法子(森 雪/ユリーシャ)  大塚明夫(ドメル) 【ストーリー】 大マゼラン銀河に到達したヤマトを迎撃しようと、デスラー総統の命によりドメル将軍率いる空母艦隊が出撃。宇宙の難所七色星団で両...... more
Tracked from だらだら無気力ブログ! at 2013-06-18 01:05
タイトル : 宇宙戦艦ヤマト2199/第六章 到達!大マゼラン
第6章が今までの中で一番面白いかも。... more
Tracked from ホビーに萌える魂 at 2013-06-22 01:14
タイトル : 宇宙戦艦ヤマト2199 第六章(第十九話〜第二十二話)
宇宙戦艦ヤマト2199の第六章を鑑賞しました。ドメル機動部隊と七色星団海戦、第442特務小隊によって雪が拉致され、ヤマト修理でガミラスの第十七収容所惑星レプタポーダへ。そしてイ ...... more
Tracked from マスターオブライフ at 2014-01-25 23:03
タイトル : 宇宙戦艦ヤマト2199 #19
「宇宙戦艦ヤマト2199 #19」 日曜の夕方、5時くらい?TBSテレビで放映中。 今回は一時間拡大スペシャル版。 ■第18話「昏き光を越えて」 ■第19話「彼らは来た」 一挙放送。 相変わらずグダグダ書いてますんで 感想記事のほうはいつも通り、1話=1記事で。…... more
Commented by ふじき78 at 2013-06-16 09:59 x
こんちは。
面白かったよお。
ドメル戦にはいろいろ不満もあるけど、それを補って余りある新たな冒険。いやあ、堪能した。盛り沢山すぎる。
「【つぶやき】」をニコニコしながら見てます。
Commented by odin2099 at 2013-06-16 11:26
ありがとうございます。
今回は本当にネタバレ無しでは語れないよね。
音楽の使い方とか不満もあるんだけど、全体的には正に「GJ!」という感じ。
未見の人は早く見ることをオススメします。

by Excalibur
ブログトップ