【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『宇宙戦艦ヤマト2199 第七章/そして艦は行く』(2013)

『宇宙戦艦ヤマト2199』が一先ず完結しました。
色々な想いが錯綜してなかなかまとまらないのですが、思うがままに書き殴って行きます。ネタバレ全開になりますが、ご容赦のほどを!
ああ、早く1話から最終話までぶっ通しで見たい!!

e0033570_18413832.jpg一先ず、と書いたのは今回(第23話「たった一人の戦争」、第24話「遥かなる約束の地」、第25話「終わりなき戦い」、第26話「青い星の記憶」)の内25話のパートの製作が遅れ、シーンを削減した短縮版での公開になってしまったからです。先にDVD&Blu-rayの発売を一ヵ月延期すると発表した際には、何が何でも劇場公開には間に合わせるという意気込みだと受け止めたのですが、不完全版での納品となったのはプロとしては許されざる大失態でしょうね。その不完全版の納品でさえ公開の2~3日前だったというのは、「宇宙戦艦ヤマト」の悪しき伝統とはいえお粗末だと思います。該当話数はあと一カ月足らずでTV放映を迎えますが、今度こそ待ったなしのスケジュール。スタッフ一同の奮闘に期待したいところです。

上映時間からすると凡そ10~15分程度の短縮かと思われますが、出来上がった作品は大団円に相応しいものだったと思います。
ガミラスの本土決戦は旧作とは全く趣の違う展開。ガミラス星は滅亡しませんし、ガミラスの民を、諸悪の権現の汚名を敢えて被ろうとしたデスラーから救ったのはヤマトです。これにより地球とガミラスには共存の道が開かれ、ヤマトは平和裏にイルカンダルへと到達します。その戦いの最中に再会した古代と雪は、お互いの距離を大きく縮めることに。

ところがヤマトを出迎えたスターシャは、ヤマトが波動エネルギーを兵器に転用したことを咎め、コスモリバースシステムの引き渡しを保留するのです。これはかつてイスカンダル人が、そしてつい先ごろガミラス人が犯した罪でもあるのですが、自己防衛のみに使っていたというユリーシャの証言、そして波動砲によってガミラスは救われたというヒス副総統の主張などもありスターシャの態度も軟化し、ついに引き渡しを決意。ヤマトは地球への帰途に着くのですが、ここで乗組員たちはガミラスの捕虜となって護送される途中でイスカンダルへと墜落した元ゆきかぜ乗組員――そして古代守の消息を知ることになります。

旧作通りの展開はご都合主義過ぎるかなとは思っていたものの、正直言って守には元気な姿で再登場して欲しかったですね。これで少なくても今後続編が作られるとしても、『新たなる旅立ち』以降の展開は難しいでしょう(ヤマトを見送るスターシャのラストカットで、腹部に手を当てているように見えたのは考え過ぎ?)。

バランにはゲール率いるガミラスの残存艦隊があり、また死んだと思われてたデスラーもそこに合流。ヤマトへ奇襲を仕掛け、艦内で白兵戦を繰り広げるのは旧作準拠ですが、ここでの雪の運命はまるで『さらば宇宙戦艦ヤマト』をトレースするかのよう。その前のエピソードで、デスラーに捨てられたと知ったセレステラが取りみだすシーンは『ヤマト2』のサーベラーを彷彿とさせましたが、パート1だけではなく後のシリーズ作品からも好いとこ取りを目指しているのは十分に窺えます。

音楽面も然りで、今回も「デスラー襲撃」のテーマが流れるのをはじめ、「ヤマト瞑想」など後の作品の曲も流用されていますし、物語の締めくくりに流れるのは「交響組曲」から「明日への希望」なのも上手い使い方だと思いました(個人的には「デスラー孤独」のメロディはどこかで使って欲しかったものですが)。

e0033570_18422867.jpg雪の死と復活そして沖田の死の件は、旧作を物語の本筋に絡めてアレンジしていますが、これは些かわかり辛いかも知れません。加藤と原田の艦内結婚パーティーのシーン(いつのまに真琴は妊娠したのだろう?)はちょっとしたアクセントになっていますが(篠原が山本にモーション掛けていたり…?)、それと同時に古代進のキャラを際立たせる役目も担っています。旧作のように艦長代理のポジションに就くことはなかった今作の古代ですが、次代のリーダーに相応しい度量や力量の持ち主であることが垣間見える部分でもあります。
最後は旧作以上に甘過ぎる感じの終わり方ですが(自分の思いをふっ切ったかのような山本の表情が良いです)、1年半近いヤマトの長い航海が無事に締めくくられ、こちらも安堵した次第です。

それにしても謎は幾つか残ったままなのが気になります。
雪がユリーシャやサーシャに似ている理由、ユリーシャとの事故(事件?)の真相、失われた記憶……このあたり、きっちりと説明を付けてくれるものと期待したのですがナシのつぶて。それとも今回割愛されてしまった部分で描かれていたのでしょうか。

ともあれ、こうなると是非とも続編を期待したいところです。
『宇宙戦艦ヤマト2201』となるかは兎も角として、ガトランティス人の登場や、土方、太助ら伏線を張られたままのキャラクターも何人もいます。せっかくのムーブメント、このまま終わらせてしまうのは勿体ないですね。
ただ先にも書いたように、他のシリーズ作品から好いとこ取りしている関係で、例えば単純に『さらば』や『ヤマト2』のリメイクではない、新しい「ヤマト」の続編が求められるのがネックといえばネックでしょうか。
[PR]
by odin2099 | 2013-08-24 18:42 |  映画感想<ア行> | Trackback(13) | Comments(6)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/20974488
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from まっきいのつれづれあれこれ at 2013-08-25 00:50
タイトル : 『宇宙戦艦ヤマト2199 第七章 そして艦は行く』超ネタ..
「地球か...何もかも皆懐かしい」 「ありがとうー以上だ」 ------ ああ、... more
Tracked from 『甘噛み^^ 天才バカ板.. at 2013-08-25 09:12
タイトル : [『宇宙戦艦ヤマト2199/第七章 そして艦は行く』を観..
☆朝一で観てきました。  新宿ピカデリーは、大勢のファンが詰めかけているにもかかわらず、現場の管理が整然として、なんらストレスなく鑑賞できました。  さあ、いよいよ、ヤマトとともに、私たちも、一年以上の旅を続けてきたわけですが、・・・そう、「旅の終わり...... more
Tracked from 色・彩(いろ・いろ) at 2013-08-25 13:44
タイトル : 宇宙戦艦ヤマト2199第七章「そして艦は行く」感想。
京都第二回上映で観てきました。明らかに物販並んでる人、多いだろw。こんなに多いの... more
Tracked from 真・天文台 at 2013-08-25 22:03
タイトル : 宇宙戦艦ヤマト2199 第七章「そして艦は行く」
監督:出渕裕 脚本:森田繁、大野木寛、村井さだゆき、出渕裕... more
Tracked from だらだら無気力ブログ! at 2013-08-26 00:39
タイトル : 宇宙戦艦ヤマト2199/第七章 そして艦は行く
最後まで見応えある内容で面白かった。... more
Tracked from 健康への長い道 at 2013-08-26 22:39
タイトル : 宇宙戦艦ヤマト2199 第七章 そして艦は行く
 いよいよ最終章。24日から始まったイベント上映に行ってきました。プログラム(パンフレット)収納ボックスは売り切れ・・・。  ガミラス本土決戦・・・になるかと思えた23話。波動砲でガミラス帝都崩壊・・・ではなく、こういうアレンジになるとは・・・!同じ波動砲…... more
Tracked from ふじき78の死屍累々映画日記 at 2013-08-27 01:53
タイトル : 『宇宙戦艦ヤマト2199 第七章そして艦は行く』を新宿ピ..
五つ星評価で【★★★★★そんな展開に持っていくのかに前回から変わらずにワクワク】 個人的に今、社会人として終電まで残業が続いたり、代休が貰えない休日出勤が続いたりとい ...... more
Tracked from 西京極 紫の館 at 2013-08-31 22:46
タイトル : 宇宙戦艦ヤマト2199 第七章  総監督/出渕 裕
【声の出演】  菅生隆之(沖田十三)  小野大輔(古代 進)  桑島法子(森 雪/ユリーシャ)  山寺宏一(デスラー) 【ストーリー】 ワープアウトによって、イスカンダルとガミラスが存在するサレザー恒星系へと到達した宇宙戦艦ヤマト。だが、ガミラスの激しい攻...... more
Tracked from 『甘噛み^^ 天才バカ板.. at 2013-09-01 08:15
タイトル : [『宇宙戦艦ヤマト2199/第七章 そして艦は行く』を観..
☆(これまでのあらすじ)・・・[『宇宙戦艦ヤマト2199/第七章 そして艦は行く』を観た(前篇)]をクリック参照のこと!    ◇  さて・・・、私・・・、気づいちゃったんです・・・(宇能鴻一郎風の言い方^^;)。  最近、「まどか☆マギカ」を見ていたら、まどかのお...... more
Tracked from カノンな日々 at 2013-09-01 22:52
タイトル : 宇宙戦艦ヤマト2199/第7章 そして艦は行く/菅生隆之
第23話「たった一人の戦争」第24話「遥かなる約束の地」第25話「終わりなき戦い」第26話「青い星の記憶」を再編集した劇場版第7弾。2012年の4月に第1章が公開された今シリーズもこの第7 ...... more
Tracked from ホビーに萌える魂 at 2013-09-11 23:27
タイトル : 宇宙戦艦ヤマト2199 第七章(第二十三話〜第二十六話)
宇宙戦艦ヤマト219の第七章を鑑賞しました。これをもってヤマト2199は全て終了です。... more
Tracked from マスターオブライフ at 2014-01-25 23:02
タイトル : 宇宙戦艦ヤマト2199 #23
「宇宙戦艦ヤマト2199 #23」 日曜の夕方、5時くらいの TBSテレビで放映中でした。 <あらすぢ> ■第23話「たった一人の戦争」 イスカンダルとガミラスの存在する サレザー恒星系にワープアウトしたヤマト。 そのヤマトを突如、高エネルギー体の攻撃が襲う。…... more
Tracked from ぺろぺろキャンディー at 2014-07-01 16:34
タイトル : ◎宇宙戦艦ヤマト2199第24話「遥かなる約束の...
|ユキを救う古代、眼前に輝く星イスカンダル凸ミサキ)おかえりなさい))ユキ:ただいま>>島:ここまできたんだな=沖田だ、ついにイスカンダルへきた、目の前にある、一言申し上げ...... more
Commented by ナドレック at 2013-08-25 12:09 x
こんにちは。
終わってしまいましたね。いや~、感無量です。
私としては、もしも関連作がつくられるなら続編よりも前日譚やスピンオフを見たいと思います。火星沖会戦とか、記憶がある頃の雪とか。
『デスラーズ・ウォー』でもいいんですけど:-)
Commented by odin2099 at 2013-08-25 19:58
ちょっとした放心状態ですが、早くソフト版が欲しいです。
1話から26話までを一気に見てみたいと思います。TV放映版じゃ満足出来ませんし…。

続編はストレートに『さらば』や『ヤマト2』のリメイクでなければ見たいですが、番外編も良いですね。
ツイッターでも呟きましたけど、事件らしい事件の起きないヤマト艦内のグダグダした日常生活を描いたお話が見たいですねえ。
女性乗組員の沢山いますし、航空隊とかチラっとしかスポットの当たらない連中も大勢いますし、「YRAラジオヤマト」みたいなのがあるなら、それの映像版があっても良いかなあと。

あとは火星沖会戦も良いですし、ドメル麾下の頃のシュルツの話とか、古代守の初陣の話とか、ネタは沢山ありますしね。

「デスラーズ・ウォー」……デスラー、生き残ってるかなあ???
Commented by ふじき78 at 2013-08-25 23:28 x
終わったねえ、というのが第一声。
そして、最後まで満足させられた事が凄かったなあ、と。

続きは「よりぬきゲールさん」を希望。
Commented by odin2099 at 2013-08-26 21:28
うん、途中で脱落するんじゃないかなーと思ってました。
でも不満はあるにせよ、最後まで楽しめたのは奇蹟かも。
続編だか外伝だかも動いているような…?という状況みたいですが、このまま終わらせるにゃ惜しいなあ。
旧作のプロットでは、最後にデスラーに従うのはタランではなく、何故か死んだ筈のゲールになってましたが、今回はその設定を敢えてサルベージしたのかなあ。ま、タランもいたけど。
Commented by ヤマトおやじ at 2013-08-31 04:13 x
デスラー最後の言葉が、実体弾をデウスーラ撃ち込まれ・・・

 「野蛮人が・・」

これって旧作ではデスラー機雷を、なんと乗組員が手でどけるといった奇想天外な作戦を皮肉ったもの?沖田艦長も七色星団でレーダーをやられたシーンで言った「最後に勝利を得るのは、人の力だ」と・・
最新式の武器も、人の力には敵わない。
Commented by odin2099 at 2013-08-31 10:52
シリーズの色々な要素を解体して組み込んだ感じがしますね、単なるリメイクではなく。
その反面、製作側が意図していなかったかもしれないことでも、古くからのファンが深読みしてるというケースもあるのかも知れません。

by Excalibur
ブログトップ