【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

特命戦隊ゴーバスターズ&宇宙刑事ギャバン!!

『特命戦隊ゴーバスターズ』に宇宙刑事ギャバンがゲスト出演!

Mission31「宇宙刑事ギャバン、現る!」、32「ギャバンとの友情タッグ!」は映画『宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』とのコラボ編となってまして、宇宙刑事ギャバンこと十文字撃とパートナーのシェリーが登場してます。

e0033570_1956787.jpg既に『侍戦隊シンケンジャー』第二十幕「海老折神変化」と第二十一幕「親子熊」で『仮面ライダーディケイド』とのコラボレーションが行われていますが、これはカメオ出演に近く、実際は『ディケイド』24話「見参侍戦隊」と25話「外道ライダー、参る!」にシンケンジャーがゲスト出演する形になっているので、他ヒーローとの本格コラボはこれが初となります(映画では『海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』が先ですが)。

『ゴーバスターズ』のストーリーは30話で一区切りが付いていて、次の33話から第二部突入となるのですが、そのブリッジとなるエピソードです。消滅した筈のエンターの復活が描かれたり、サブキャラクターである森下にスポットを当てているなど、単なる番外編にはしなかったのはエラい。

時系列的には映画→TVで実際の撮影の順番も同じですが、TV放映そのものは映画の宣伝を兼ねて公開の1カ月ほど前に行われた為、鑑賞順としてはTV→映画となって、両方の作品で描かれている撃のキャラクターに若干の相違があるので、当時はかなり違和感を覚えました。
今回改めて映画→TVの順に見直してみて、やっと「十文字撃」が一人のキャラクターとして繋がった感じです。それにしても正式な宇宙刑事に任命された途端、随分と尊大な奴になっちまいましたね、撃。まあ元から自信過剰なキャラではありましたが。

前編ではヨーコとシェリーを中心にゴーバスターズとギャバンの出会いと共闘を、後編ではゴーバスターズの総合力に疑問を抱くギャバンが最後にはチームの絆を理解するという流れで、それぞれが独立したエピソード。ギャバンの活躍シーンには、新作映画版だけじゃなく旧作TVシリーズのBGMまで引っ張ってくる熱の入れようで、魔空空間の描写もそれっぽく、ある意味では映画版よりも『ギャバン』らしい作品に仕上がってました。

『ゴーカイジャーVSギャバン』も『ゴーカイジャー』の映画でありながらしっかりと『ギャバン』の映画になっていたことを考えると、映画版『ギャバン』のスタッフには猛省を促したいですね。肝心の単独映画が一番『ギャバン』らしくないなんて…!

e0033570_2091497.jpg

[PR]
by odin2099 | 2013-10-15 20:09 | テレビ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/21200377
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ