【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『世界最古の洞窟壁画/忘れられた夢の記憶』(2010)

1994年に発見された南仏のショーヴェ洞窟、そこには3万2千年前と推定される世界最古の壁画が残されていた。政府によって厳重に管理され、一部の学者や研究者以外は立ち入り禁止の場所に、初めてカメラが足を踏み入れる。

e0033570_21544462.jpg

監督は世界的な巨匠とされるヴェルナー・ヘルツォーク
映画の製作の経緯がわからないのだが、ヘルツォーク監督だから許可が下りたのか、それとも逆にヘルツォーク監督へ記録映像制作の要請があったのか。
いずれにせよ、カメラには驚きの映像が収められている。

なんとなく「最古の壁画」という言葉から浮かんでくるイメージとは全く違うもの。
写実的で観察眼に富み、そして躍動的。動きの表現などは「最古の壁画」というより「最古の漫画」「最古のアニメーション」とでも評した方がより具体的かもしれない。

ただ映画として見た場合は、そこで披露される学者や研究者たちの解釈がやや強引に感じられる部分があったり、撮影環境の厳しさからくるスタッフのもどかしさが感じられたり、何よりもこの映画が対象に想定している観客のレベルが不明瞭だったりと、見ていて素直に楽しめるものとはなっていない。

そしてラストに付け加えられたメッセージも唐突過ぎるので、これは製作サイドの思惑など余計な要素は排して、素直に洞窟壁画の素晴らしさに驚嘆し、それを堪能すれば良いのだろう。
本来は3D映画として作られているので、3D画面で見ればより迫力を増したのかと思うと残念。

なお日本語吹替え版ではナレーションをオダギリジョーが担当。
ドキュメンタリーに相応しい声質、語り口調ではないのが痛い。


[PR]
by odin2099 | 2014-01-09 06:09 |  映画感想<サ行> | Trackback(4) | Comments(2)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/21548474
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 勝手に映画評 at 2014-01-09 22:49
タイトル : 世界最古の洞窟壁画 3D 忘れられた夢の記憶 / Cav..
1994年に南フランスで発見されたショーヴェ洞窟。洞窟発見当時から、その重要性が認識され、フランス政府により非公開となっていた。そのショーヴェ洞窟史上始めて撮影したドキュメンタリー。 洞窟壁画と言えば、ラスコー洞窟やアルタミラ洞窟が有名ですが、これらの洞窟...... more
Tracked from カノンな日々 at 2014-01-10 09:45
タイトル : 世界最古の洞窟壁画3D 忘れられた夢の記憶
1994年に南フランスで発見されたショーヴェ洞窟。そこにはおよそ3万2千年前のものと思われる洞窟壁画が広がっており、フランス政府はこの貴重な遺跡を守るために入洞を厳しく制限し ...... more
Tracked from プロフェッサー・オカピー.. at 2014-01-10 11:29
タイトル : 映画評「世界最古の洞窟壁画 忘れられた夢の記憶」
☆☆☆(6点/10点満点中) 2010年アメリカ=フランス合作映画 監督ヴェルナー・ヘルツォーク ネタバレあり... more
Tracked from 迷宮映画館 at 2014-11-05 13:15
タイトル : 世界最古の洞窟壁画3D 忘れられた夢の記憶
夢かうつつか幻想か・・・・... more
Commented by sakurai at 2014-11-05 13:14 x
絵の部分は、本当に面白く、なかなかインパクトあったんですが、さすがにそれで一本の映画にするのは難しかったんでしょうね。
解説のあたりは、すっかり寝てました。
アニメーションって感じがぴったり。
Commented by odin2099 at 2014-11-05 23:48
何となく全体に中途半端だったなあという印象でした。
端からエンターテインメントな作品ではないのは百も承知ですが、こういうドキュメンタリーは徹頭徹尾真摯な描写を貫くか、さもなければ常識を逸脱しない範囲でハッタリズムを持ち込むか、そのいずれかだったのかなあ、と。

by Excalibur
ブログトップ