【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『東海道新幹線 運転席へようこそ』 にわあつし

e0033570_20463940.jpg著者は元・新幹線運転士。その経験を活かして新幹線の動かし方のあれこれや、実際に遭遇した様々なエピソードを紹介するというエッセイ風の本なのかと思って手に取ったのですが、ちょっと違いました。


最初に新幹線の歴史や動かし方などの基本情報をレクチャーした後は、二部構成の小説仕立てになっています。
前半は時代設定が昭和53年春。若手の運転士が東京から新大阪までひかり号を運転するという想定で、自宅を出て出勤するところから出発前の点呼、点検作業、引き継ぎ、そして実際に運転中の様子を描き、後半は反対に新大阪発東京行き、但し時代がグッと下って平成25年春ののぞみ号をベテラン運転士が運転するという形で描写していきます。


多分にフィクションの部分は少なくないと思いますが、実際の新幹線の運転席の様子はこんな感じなんだとわかるという意味で非常に面白い一冊でした。


[PR]
by odin2099 | 2014-01-16 20:47 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/21578785
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ