【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『仮面ライダーウィザード IN MAGIC LAND』<コレクターズパック>

e0033570_20435800.jpgメイキングやら記者会見、舞台挨拶などを収めた特典ディスク2枚が付いた、豪華3枚組での発売になりました。

いつになくこじんまりした夏映画という印象でしたが、「仮面ライダー」の映画ではなく「仮面ライダーウィザード」という単独作品の映画化としては、むしろ望ましいのかも知れません。
お正月映画は新旧両ライダーの橋渡し作品、春映画は濃厚なオールスター共演のお祭り映画、そして夏映画は単独作品としてじっくり描く、という棲み分けがしっかり行われるのならば、年に何本も作る意味もあり、差別化も図れるというものです。


こじんまりした映画ではありますが、その後の最終回までの展開を踏まえて晴人とコヨミの二人に的を絞って見ていると、なんだか素敵な恋愛映画だなあという気がしますね。

知り合いとそっくりなキャラクターはいるものの、この世界では二人は異邦人。
しかも魔法使いだらけの世界で魔法の使えないコヨミは晴人に頼らざるを得ない状況に置かれています。
そして晴人もコヨミをしっかりと支えていくという覚悟を持っています。これって無人島に二人だけというシチュエーションに近いような…?

いつになく晴人とコヨミが一緒にいる時間が長く、しかも二人の距離が心なしかいつもより近いようで、そう考えるとなかなかセクシャルな映画なのかも知れません。

……考え過ぎですか。

過去記事はこちら


[PR]
by odin2099 | 2014-04-15 20:14 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/21892216
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ