【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『ウォルト・ディズニーの約束』(2013)

e0033570_20471373.jpgディズニー映画『メリー・ポピンズ』の製作秘話。


娘との約束で『メリー・ポピンズ』映画化を狙うウォルト・ディズニーだったが、原作者のP.L.トラヴァースは頑として首を縦に振らない。
20年もの歳月が流れ経済的に困窮し、やっと重い腰を上げて映画化に向けての話し合いに応じる意向を見せたトラヴァースだったが、脚本に文句をつけ、ミュージカル化、アニメ化には悉く反対、出演俳優にもクレームを付ける有様。
一体彼女は何故、頑ななまでに映画化に反対するのであろうか…?


頑固一徹ワガママおばさんの繰り出すクレームの嵐に、必死に耐えるディズニーはじめ脚本家や音楽担当のシャーマン兄弟たち。見ているうちに彼らが気の毒で気の毒で……と多くの人が感じるのではないかと思うのだが、自分はむしろトラヴァース女史に同情的。自分の大切なものが、無理解な他人の手によって改竄されていくということは、創作者たるもの決して受容出来るものではないだろうと考えるからだ。

e0033570_20464054.jpg中には「原作者」と割り切って完成した映画との距離を上手く取っている人もおられるだろうが、よほどのことがない限り内心忸怩たる思いをしているのでは、と想像する。
逆にそれだけのプライドを、自作に対しては持っていて欲しいとも願う。


ともあれ、トラヴァース女史とディズニースタッフ側とのやり取りはまるでコメディ映画のようであったが、かなりの部分が実話に基づいている由。事実は小説よりも奇なりと言ったところか。
ディズニー映画でディズニー本人を描くのだから、実のところかなり美化しているのではないかという疑問もないではないし、クライマックスにおけるウォルトの女史に対する台詞の説得力や、それを受けての女史の変心の理由に今一つ得心が行かなかったりもするのだが、女史の少女時代の回想と現代を織り交ぜた構成や、巧みな配役陣の好演もあって愉しめた一本。


[PR]
by odin2099 | 2014-04-16 19:28 |  映画感想<ア行> | Trackback(21) | Comments(4)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/21892248
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from カノンな日々 at 2014-04-16 22:18
タイトル : ウォルト・ディズニーの約束/エマ・トンプソン
不朽の名作『メリー・ポピンズ』の誕生秘話を原作者であるP.L.トラヴァースとウォルト・ディズニーの物語としてファンタジックに描いたヒューマンドラマです。ウォルト・ディズニー ...... more
Tracked from 或る日の出来事 at 2014-04-16 22:49
タイトル : 「ウォルト・ディズニーの約束」
ていねいに、心のこもったドラマがつむがれていって好感。 映画「メリー・ポピンズ」は大好きだから、なおさら感動する。... more
Tracked from ふじき78の死屍累々映画日記 at 2014-04-17 01:34
タイトル : 『ウォルト・ディズニーの約束』をUCT5で観て、物語を守..
五つ星評価で【★★★ディズニーとトラヴァースのどちらを支持するかで言えばトラヴァース】 『メリー・ポピンズ』原作は未読、映画は大昔見た筈だけど記憶が曖昧。 ディズニー ...... more
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2014-04-17 08:22
タイトル : 『ウォルト・ディズニーの約束』
□作品オフィシャルサイト 「ウォルト・ディズニーの約束」□監督 ジョン・リー・ハンコック□脚本 ケリー・マーセル、スー・スミス□キャスト トム・ハンクス、エマ・トンプソン、ポール・ジアマッティ、      ジェイソン・シュワルツマン、ブラッドリー・ウィ...... more
Tracked from こねたみっくす at 2014-04-17 22:50
タイトル : 『ウォルト・ディズニーの約束』
ウォルト・ディズニーなくして『メリー・ポピンズ』はあらず。 ミュージカル映画の傑作として語り継がれる『メリー・ポピンズ』の映画化交渉の舞台裏を描いたこの作品。ウォルト ...... more
Tracked from ★yukarinの映画鑑.. at 2014-04-18 11:59
タイトル : ウォルト・ディズニーの約束
【SAVING MR. BANKS】 2014/03/21公開 アメリカ 126分監督:ジョン・リー・ハンコック出演:エマ・トンプソン、トム・ハンクス、ポール・ジアマッティ、ジェイソン・シュワルツマン、ブラッドリー・ウィットフォード、ルース・ウィルソン、B・J・ノヴァク、メラニー・パ...... more
Tracked from ノラネコの呑んで観るシネマ at 2014-04-19 21:32
タイトル : ウォルト・ディズニーの約束・・・・・評価額1800円
物語の裏側にあるもの。 あまりにも有名なディズニーのミュージカル映画、「メリー・ポピンズ」のビハインド・ザ・シーン。 魔法使いのナニー、メリー・ポピンズは、本当は誰を助けにやって来たのだろうか。 映画は子供の頃に何度も観たし、原作も読んだが、この話は全く知らなかった。 原作者のパメラ・L・トラヴァース夫人と、プロデューサーのウォルト・ディズニーの間に交わされた約束とは。 物語の...... more
Tracked from 心のままに映画の風景 at 2014-04-21 00:10
タイトル : ウォルト・ディズニーの約束
1961年、ロンドン。 パメラ・L・トラヴァース(エマ・トンプソン)は、ウォルト・ディズニー(トム・ハンクス)が長年熱望する「メリー・ポピンズ」の映画化について話し合うため、ロサンゼルスへと向かう。 気難しい性格のトラヴァースは、アニメやミュージカルに難癖をつけ、スタッフの脚本や構想にも頑なで、一向に了解を取り付けられない。 手を焼くウォルトは、映画化の契約書に署名してもらおうとト...... more
Tracked from 迷宮映画館 at 2014-04-23 08:48
タイトル : ウォルト・ディズニーの約束
メイキング・オブ、メリー・ポピンズ!そして、愛。... more
Tracked from 映画1ヵ月フリーパスポー.. at 2014-04-27 20:00
タイトル : ウォルト・ディズニーの約束
評価:★★★★【4点】(AF) 昔の英国淑女ってみんなあんな感じなんでしょうか^^;... more
Tracked from こんな映画見ました〜 at 2014-04-27 22:47
タイトル : ウォルト・ディズニーの約束
『ウォルト・ディズニーの約束』 ---SAVING MR. BANKS---2013年(アメリカ)監督:ジョン・リー・ハンコック出演:エマ・トンプソン、トム・ハンクス 、ポール・ジアマッティ、ジェイソン・シュワルツマン、ルース・ウィルソン 、B・J・ノヴァク 、アニー...... more
Tracked from 勝手に映画評 at 2014-04-28 17:52
タイトル : ウォルト・ディズニーの約束 / Saving Mr. B..
ディズニー映画『メリー・ポピンズ』制作の裏側を描いた作品。 いやぁ、このP・L・トラバース。自分の近くにいたら、嫌になりますね(苦笑)。でもそれは、自分の作品を愛しているからこそ。自分の作品を愛すると言えば、ウォルト・ディズニーも負けないはずですが、そのウ...... more
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2014-04-29 20:09
タイトル : ウォルト・ディズニーの約束
 『ウォルト・ディズニーの約束』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)タイトルからはパスしようと思っていたものの、評判が良さそうなので映画館に行ってみました。  本作は、映画『メリー・ポピンズ』(1964年)の原作者であるパメラ・トラヴァース(エマ・トンプソン)...... more
Tracked from ディレクターの目線blo.. at 2014-04-29 22:35
タイトル : 映画「ウォルト・ディズニーの約束」 感想と採点 ※ネタバ..
映画 『ウォルト・ディズニーの約束』 (公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。 ざっくりストーリー 1961年、ウォルト・ディズニー(トム・ハンクス)は魔法を使う主人公“ナニー”が活躍する児童小説『メリー・ポピンズ』の映画化を20年間熱望しているが、なぜか原作者のパメラ・...... more
Tracked from そーれりぽーと at 2014-05-02 00:04
タイトル : ウォルト・ディズニーの約束
『メリー・ポピンズ』製作の裏側を描いた『ウォルト・ディズニーの約束』を観てきました。 ★★★★★ 楽しい『メリー・ポピンズ』の原作者がこんなにも偏屈な女性だったなんてと言うギャップにまずやられるのだけれど、幼少期を平行して描くことで彼女が心に抱えるトラウマを...... more
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2014-05-04 08:40
タイトル : 「ウォルト・ディズニーの約束」 バンクス氏を救え!
「アナと雪の女王」が世界中で大ヒット、ディズニーの黄金期がまた訪れたとも言える現... more
Tracked from kintyre&#039.. at 2014-05-11 22:01
タイトル : 映画『ウォルト・ディズニーの約束』を観て
14-33.ウォルト・ディズニーの約束■原題:Saving Mr.Banks■製作年、国:2013年、アメリカ・イギリス・オーストラリア■上映時間:126分■料金:0円(ポイント使用)■観賞日:4月16日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)□監督:ジョン・リー・ハンコック◆トム・ハンクス◆...... more
Tracked from 日々 是 変化ナリ 〜 .. at 2014-05-15 07:04
タイトル : 映画:ウォルト・ディズニーの約束 Saving Mr. ..
ディズニー映画「メリー・ポピンズ」(1964)をリバイバル名画座で、初めて観た時のことを良く覚えている。 高校受験が無事に終了、放心状態に陥っていた私に、母が名作だし行ってきたらと水を向けたのだ。 その時の感想は… ガキ向け映画だと舐めていたら、いい意味で...... more
Tracked from 日々 是 変化ナリ 〜 .. at 2014-05-15 07:04
タイトル : DVD:「メリー・ポピンズ」 そう「ウォルト・ディズニー..
先週末に鑑賞した「ウォルト・ディズニーの約束」Saving Mr. Banks は、「メリー・ポピンズ」(1964)製作過程を描く映画。 直後にアップした記事から以下。 <20年断り続けてきた「メリー・ポピンズ」原作者の"P・L"・トラバース (エマ・トンプソン) ...... more
Tracked from いやいやえん at 2014-08-08 08:14
タイトル : ウォルト・ディズニーの約束
なるほど原題が「Saving Mr. Banks」(バンクス氏の救済)だったんですね。バンクス氏というのは、「メリー・ポピンズ」に出てくる乳母として働く屋敷の主人の名前です。子供たちの父親。トラヴァース夫人は、かのキャラクターをとても大切に思ってらしたんですね。 1964年の名作ミュージカル映画「メリー・ポピンズ」の製作秘話です。とにかく役者が巧い。最初は、偏屈で映画化に難癖ばかりつける鼻持ちならないトラヴァース夫人。しかし、なぜ、トラヴァース夫人は作品にここまでこだわるのか、さらにウォルト...... more
Tracked from のほほん便り at 2015-06-16 14:12
タイトル : ウォルト・ディズニーの約束
「メリー・ポピンズ」の映画誕生にまつわる秘話。最初は、原作者パメラ・トラバースが、なぜ、そこまで頑固で偏屈。ことごとく反発する?と謎だったのですが、彼女の子供時代が描かれるにつれ(また、子役ちゃんが可愛いっ!)それが彼女自身と、愛してやまない、子煩悩だけど、繊細すぎてアルコールに溺れ、短命だったお父様との思い出にまつわる物語と分かるにつれ、しんみり。でも、どんな困難にもめげず、「メリー・ポピンズ」に惚れ込み、20年もラブコールを送り、情熱を注いだウォルト・ディズニー、尊敬です。特に終盤がヨカッタです。...... more
Commented by ふじき78 at 2014-04-17 01:31 x
全くの同意見です。
近年の話では、顔で笑って心で激怒していた鳥山明が自分の手で「ドラゴンボール」を作り直したのを思い出します。
Commented by odin2099 at 2014-04-17 19:45
有難うございます。
こういうの、少数意見かなあと思ってましたけど。
このノリで、ジブリの『ゲド戦記』製作秘話が見たい!
……けど、修羅場だろうな(^-^;
Commented by sakurai at 2014-04-23 08:48 x
きっと「ゲド」は、無かったことにしたいと思ってると思います。

きっと女史も、頑固になりすぎてる自分を、どこかで解き放とうとしてたんじゃないでしょうかね。
そのいいタイミングに、ジアマッティの関与があったのかな~と。
Commented by odin2099 at 2014-04-24 23:26
どこが譲れないのか、女史の拘りの部分がイマイチ伝わらない嫌いがありました。
なので単に難癖つけてるだけのように見えてしまうことも。
絶対に映画化に反対ならば打ち合わせに出なきゃいいワケだし、お金に困ってどうしてもというなら、それなりの妥協点を持たないとねえ。

運転手さんとのエピソードは、全体のガス抜きというか、箸休めみたいなパートでしたね。

by Excalibur
ブログトップ