【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『太陽戦隊サンバルカン』(1981)

e0033570_20563234.jpg『バトルフィーバーJ』からは3作目、『秘密戦隊ゴレンジャー』から数えると5作目となる『サンバルカン』は、初の3人組かつ唯一の男性メンバーのみの戦隊です。しかも主役である赤ヒーローが番組途中で交代というのも、今のところ『サンバルカン』のみ。この交代劇の裏側には、俳優との契約上のトラブルや番組のテコ入れ、カンフル剤の役目があったなど諸説あるようですが、当時の現役視聴者は驚いたことでしょうね。

この交代は7/11放送のTVシリーズ23話で行われ(同時に敵方にも新幹部が登場)、この劇場版は翌週7/18からの上映となったので、映画館で初めて交代を知ったチビッ子もいたのだろうと推測。また劇場版は浜名湖でロケが行われていますが、同日放送の24話も浜名湖が舞台なのでおそらく同時に撮影したのでしょう。通常はTV放映より数週間程度先行して行われることの多い劇場版にしては珍しいことで、このあたり現場もドタバタしていたのかも知れません。

e0033570_20565588.jpg東京を火の海にしようと画策する機械帝国ブラックマグマが、太陽戦隊の妨害を防ぐべく分断を図り、バルイーグルを単独で浜名湖におびき寄せるものの…というお話で、劇中2代目バルイーグル/飛羽高之こと五代高之がヘリコプターに宙吊りにされるという危険なスタントに挑戦していますが、一本のドラマとしては物足りない出来栄えですね。得てして<まんがまつり>版にはその傾向が強いのですが。

リアルタイムでは数本しか見たことのない『サンバルカン』なので、これといって思い入れはないのですが、番組終了からほどなくして太陽戦隊の嵐山長官役でレギュラーだった岸田森さんが亡くなったことは強く記憶に残っています。。。

【ひとりごと】
この翌年、五代高之とヒロイン・嵐山美佐役だった根本由美(吉川由美)が、にっかつロマンポルノで共演してるのが驚きなんだよなあ……。


[PR]
by odin2099 | 2014-04-18 22:03 |  映画感想<タ行> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/21892276
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ