【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『CG復元 戦国の城』

オールカラーで、お値段は税抜き580円。手軽に楽しめるお城の本です。
実際に見かけたことはないですが、このシリーズ(?)のこと、おそらくコンビニでも売っているのだと思います。
次から次へと色々と出てくるところを見ると、今はお城ブームなんですかねえ。それとも趣味の一つとして、しっかりと定着した一分野なんでしょうか。だとしたら嬉しいですが。


e0033570_22114290.jpgカラー中心のお城の本は、写真を中心にしたものや、資料に基づいた復元図に大きく紙面を割いていますが、昨今はCG技術が発達しているので、復元図といえども以前のような想像イラストとは格段に違った、リアルな実景を見紛うばかりのものが出てくるようになりました。


この本の特徴は、資料に基づいてCGで再現された全体的な城の縄張り、天守など各種構造物の復元画像だけでなく、実景の中に失われた天守、櫓、門などをCGで復元して合成した画像もあることです。これはなかなかロマンを掻き立てられます。


実際にこの本の中でも述べられていますが、実際の城跡に天守や櫓などを復元するには巨額な資金が必要ですし、考証をしっかり行わないと後になって「あれが違う」「これが違う」などという事態になってもどうしようもありません。
その点CGの復元画像であれば修正するのも簡単ですし、実際に建てるわけではありませんから、史跡そのものは残すことが出来ます。勿論、費用の点でも比べるべくもありません。


ということで、今後はこういった企画がどんどん増えていくのではないかと思いますし、更にリアルに、またヴァーチャルに体験出来るような施設が出来れば、新たなお城ファン開拓にも役に立つのではないでしょうか。


ただ、個人的にはこの本、ちょっと物足りなかったですね。
もっと大胆に、実景と復元図を合成した画像を、もっともっと見たかったです。


[PR]
by odin2099 | 2014-04-18 06:40 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/21902397
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ