【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『マジンガーZ』(1973)

e0033570_19480363.jpg1973年春の<東映まんがまつり>で上映された一遍で、第5話「ゴーストマジンガー出現」の劇場公開版。
以前出ていたDVDと後日発売されたBlu-ray、どちらの劇場版マジンガー・シリーズのBOXにも収録されているが、上映版の原版は残っていないようでTV放映版がそのまま収録されている。


幻影を映し出す能力を持った機械獣キングダンX10を使い、偽のマジンガーZを出現させて大暴れさせ、兜甲児を罠に掛けようというのが今回のドクター・ヘルの計画だが、詰めが甘くて失敗するというパターンは既に確立されている。
またボスと甲児が互いに認め合うというのは今回からか。
『ロボットガールズZ』にも出ていたキングダンX10、その端正なデザインはなかなか格好良い。


流石に古臭さを感じるものの結構楽しんだが、機械獣の進撃やマジンガーZの危機、反撃といったシーンでの使用がなじみ深い幾つかのBGMが、甲児と鉄仮面軍団とのアクションシーンに流れたりするとかなりの違和感。
BGMの使用パターンが固まっていなかったのか、それとも案外こういった使用例は珍しいものではなく、単に自分がイメージを刷り込まれていただけなのか…?

e0033570_19475768.jpg


[PR]
by odin2099 | 2014-06-06 19:50 |  映画感想<マ行> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/22086756
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ