【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『UFOロボ グレンダイザー/赤い夕陽の対決!』(1976)

e0033570_19480976.jpg地方興行のみとなった1976年冬の<東映まんがまつり>で上映された作品で、第49話「赤い夕陽に兄を見た!」のブローアップ版。
サブタイトルは差し替えられ、きちんと映倫マークも入っている。


ベガトロン放射能の影響で暴走した円盤獣が地球に飛来。デューク・フリードの古傷が痛み出したこともあり、苦しめられるグレンダイザー。
兜甲児はダブルスペイザーに、牧葉ひかるはマリンスペイザーに乗って援護に向かうが、円盤獣に効果的なのはドリルスペイザーによる攻撃だとわかり、甲児は一度帰還し再度出撃。辛くも撃退するのだが、チームにもう一人いたら……?


ということで都合良く?メンバー増員が図られるエピソード。
フリード星滅亡の折に行方不明となっていた、デュークの妹マリアことグレース・マリア・フリードが初登場する。
デビュー作なだけのマリアの出番は多いのだが、実は本筋に殆ど絡まない。今回久々に見直してみて、こんなにストーリーが乖離していたことにかなり驚いた。
TVシリーズ終盤を掻き回したマリア自体は十分に魅力的なキャラクターだが。


本作公開から約2か月後に番組は終了。
劇場公開された最後の<マジンガー>シリーズ作品である。

e0033570_19192424.jpg
【ひとこと】
回想シーンのフリード星の描写で流れるのは『宇宙円盤大戦争』のBGM。
「テロンナのテーマ」が今回の「マリアのテーマ」として使われている。


[PR]
by odin2099 | 2014-06-07 21:52 |  映画感想<マ行> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/22088571
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ