【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『宇宙戦艦ヤマト2199 第六章/到達!大マゼラン』

e0033570_22132591.jpg前半は七色星団の決戦、後半はガミラスとイスカンダルの内情話。

そういえば七色星団のドメル戦法って、旧作とは順番が違うんだよね。
旧作ではドリルミサイルがトドメの一撃だったけど、今作では中盤に繰り上げ。
またドメル旗艦の自爆装置も今回は「最後の決め手」ではなく、むしろ武人としての覚悟を示す道具立て。ヤマトに一矢報いようとはしてるだろうけど、ヤマトと刺し違えようとまでは考えていないっぽい。


後半の古代と雪が離れ離れになるシチュエーションは、まさか『ヤマトよ永遠に』から引っ張ってきたワケではないだろうけど、離れ離れになったことで活躍の場が増えたのは雪。
一方で役立たずっぷりを露呈してしまったのは古代。
やることなすこと空回りで、この六章って古代は何をしたんだろうね、って感じ。


ということで、物語はいよいよ佳境へ――。

過去記事はこちら


[PR]
by odin2099 | 2014-10-06 22:15 |  映画感想<ア行> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/22451069
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ