【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『銀河鉄道999/ガラスのクレア』

e0033570_22134895.jpg劇場版『銀河鉄道999』が先に公開されているものの、こちらはTVシリーズ『銀河鉄道999』の劇場版というちょっとややこしいもの。
ただスタッフはTV版と同じだし、キャストもTV版に準じている(鉄郎:野沢雅子、メーテル:池田昌子、車掌:肝付兼太は共通)のでナレーターは高木均。
音楽担当はどちらも青木望だが、TV版と劇場版に共通するメロディーはない。


ところがこのTV版劇場版(ややこしい)では、まずクレアのキャストがTV版の川島千代子ではなく劇場版の麻上洋子(今は講談以外でも一龍斎春水に統一してるんだっけ)に変更され、更に音楽にも劇場版の「ガラスのクレアのテーマ」を流用。
境界線が曖昧になってしまった…。


TV版では第3話の前半パートに組み込まれてしまったエピソードを、短編とはいえ独立した作品として成立させたという点ではファンにとって価値ある作品だと言えるだろう。

過去記事はこちらから。


[PR]
by odin2099 | 2015-02-03 22:15 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/22779305
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by はぎお at 2015-02-08 00:29 x
こんにちは。
私は「999」をほとんど見た記憶がないのですが、うちの田舎で、何かと同時上映だったのかな?唯一これだけは鮮明に覚えています。クレアも完全に麻上さんのイメージです。とても切ないストーリーだったと・・・
Commented by odin2099 at 2015-02-08 09:53
この作品は1980年春の<東映まんがまつり>で上映されたものなので、もしかするとそれ以降に公民館とかで子供向けの上映会などを開催した際に、プログラムの一本として選ばれたのかも知れませんね。
その前々年の<まんがまつり>作品の『ハーロック』は再公開もされてますが、『999』は公式な再公開もTV放映もなかったかと思います。

「ガラスのクレア」は原作ファンにも人気の高いエピソードです。長編劇場版『999』でクレアがメインキャラに昇格したのは嬉しかったです。
ただその後の<エターナル編>であっさり復活したのは興醒めでしたけれど…(^^;

by Excalibur
ブログトップ