【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『飛び出す人造人間キカイダー』

赤緑のメガネをかけて見るタイプの立体映画、昔は全然「飛び出」して見えなかったのだけれども、視力が落ちてから(?)何故か良く見えるように。
平行法だか交差法だかを使う3D写真も、単に慣れてきただけじゃなく自然と立体に見えるようになってきた。
本来3D写真でもなんでもないものでさえ、今じゃ飛び出して見えるように……。良いんだか悪いんだか。


e0033570_20330995.jpgそれはさておきこの映画、尺が通常のTVフォーマットより長い分、見応えはかなりある。
ジローが2回もギターを奏でて登場するのも贅沢だし、ミツ子さん、マサルくん、服部半平の出番も多い。
プロフェッサー・ギルの安藤三男の怖さは、もしかすると公開劇場で悲鳴が上がったんじゃなかろうか。


この頃のヒーローを演じた役者さんは、別にアクション専門ということでもなく、また「見せる」ノウハウもそれほど浸透している時期でもないのに、何故か様になっている人が多い。
ジロー役の伴大介の擬闘も、今見ると決して強そうでも決まっているワケでもないのに格好良く見えるのが不思議だ。
ただ「やられ方」が上手いのは間違いないところ。


光明寺博士役の伊豆肇は子供番組の博士役でお馴染みだが、芝居も台詞回しも決して上手いとは思えないのに引っ張りだこなのが不思議。
この手の作品を毛嫌いせずに出てくれる、使い勝手の良い役者さんだったのかなあ。


【ひとりごと】
『キカイダー01』でも劇場版作って欲しかったなあ。キカイダー兄弟の共演編で。

過去記事はこちらこちら


[PR]
by odin2099 | 2015-02-04 20:35 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/22781641
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ