【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『ノスフェラスの嵐』<グイン・サーガ>19 栗本薫

e0033570_22144067.jpg確か前巻のあとがきでは、ノスフェラスが中心だからグインの出番が減るかも、などというコメントが載ってましたが、蓋を開けるとグインの出番は全くありませんでした。本当にノスフェラス中心。ただし冒頭部分の舞台はケイロニアで、イシュトヴァーンが遂にモリダニアのアリストートス、つまり軍師アリと出会い、王位簒奪へ一歩踏み出す様が描かれています。


本編ではアルゴスの黒太子スカールと草原の民グル族の戦士たちの、ノスフェラスでの決死行がメインとなりますが、ここにシバをはじめとするセム族の懐かしいメンバー、僅かの期間で伝説を残していったグインの足跡などが語られていきます。
そして<北の賢者>ロカンドロスに導かれ、ノスフェラスの奥深くグル=ヌーに辿り着いたスカールが見た物は――?!
ということでネタバラシの一部が行われるのですが、スカールたちこの世界の住人には全くもってチンプンカンプンでも、ずっと付いてきた読者にとってはグル=ヌーがどういうところかは薄々察していたもので、新発見というよりは「ああ、やっぱりね」という確認に近いものでした。


この結果グインはともかくとして、ナリスと違ってイシュトヴァーンやアムネリスらと同様、サーガを引っ張る重要人物ではあっても、この世界の根幹には関わらないであろうと思われていたスカールが、望むと望まぬとに関わらず、大切な<鍵>となってしまいます。


これまで1~5巻、6~10巻、11~15巻…でまとまらずに16巻に踏み出したものの、一応は5巻ごとに小さなエピソードが完結して次の舞台へ、という構成だった<グイン・サーガ>。16乃至17巻からケイロニアを舞台にしたエピソードがスタートしているのですが、ノスフェラス舞台の変則的なこの19巻を挟むことによって、この法則性から大きく外れることとなります。


[PR]
by odin2099 | 2015-02-13 06:30 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/22802382
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ