【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『エクソダス/神と王』(2014)

e0033570_22464073.jpg「旧約聖書」の『出エジプト記』をリドリー・スコット監督が映像化。モーゼにクリスチャン・ベール、ラムセスにジョエル・エドガートン、セティにジョン・タトゥーロ、ヨシュアにアーロン・ポール、ヘゲップにベン・メンデルソーン、トゥーヤにシガニー・ウィーヴァー、ツィポラにマリア・バルベルテ、ヌンにベン・キングズレー。


荘厳な宗教映画のようなものかと思っていましたが、壮大ではあってもそういう要素は殆どないですね。
押しつけがましさもないというか、モーゼは「神の使い」に終始懐疑的な態度を取っていますし、明確に「神のメッセンジャー」として行動することもありません。また傍から見ると、モーゼは怪我をした後に精神面で異常をきたしたようにも、全てが妄想のようにも受け取れるようになっています。これは現代的な解釈でしょうか。


序盤のヒッタイト人との戦いや、終盤でのヘブライ人とエジプト兵との追いかけっこは戦争映画のようですし、ワニが暴れたり、魚が死んだり、カエルや蛆や虻が大量発生したり、雹が降り、イナゴが襲いという中間部の災害描写はディザスター映画の如し(やや怪獣映画のテイストも入ってますね)。娯楽映画の要素を詰め込んだ堂々たる娯楽大作という雰囲気の仕上がりです。


モーゼが英雄的な人物として描かれていないように、ラムセスも絶対悪の独裁者としては描かれていません。
自分に比べおそらく能力も秀で人望もあるモーゼに対して嫉妬に近い感情はずっと持ち続けていたと思われますが、それが単純に「モーゼ憎し」へとは繋がらず、兄弟同然に育ってきた相手に対し愛情を持ち続け、またどこかでずっと信頼の気持ちを持ち続けていたように描かれています。これがラムセスの甘えであり甘さで、結局は判断を誤らせたと言えなくもありませんが。


e0033570_22464833.jpgまた「神の使い」を称する少年が果たして本当に「神の代弁者」だったのか、だとすれば神の意志は奈辺にありしか、エジプト人だけでなくヘブライ人までも苦しめるその「真意」が明確に描かれていないのは不気味でした。「神」の解釈は微妙な問題なだけに、あくまでも観客の判断に委ねることを選択したのでしょう。製作サイドもある程度の道筋は持ち込んでいますが、独自の解釈を持ち込んで映画としてまとめようとはしていません。


ということでこの作品、神の奇跡や神に仕える英雄の物語ではなく、あくまでも人間モーゼの物語として描き切ったというのが独自色ということになるのでしょう。
しかし『出エジプト記』の表面をただなぞっただけという物足りなさもあります。「神話」でも「歴史」でもない中途半端さ。どっちかに思い切って舵を取り、ハッタリを効かせてくれた方が映画としてはより楽しめたでしょうに。


【ひとりごと】
奇跡の力で海を真っ二つ!…ではなく潮の満ち引きを利用して渡るシーンは良いですが、モーゼがヘブライ人を武装蜂起させたり、その報復でラムセスが容赦なくヘブライ人を処刑して……で無力さに打ちのめされるモーゼ。その間「神の使い」とやらは一切手を貸してくれません。
ファラオは頑なになり、でその後が怒涛の災害攻撃のオンパレードと情け容赦ないのはどうなんでしょうね。


[PR]
by odin2099 | 2015-02-24 20:03 |  映画感想<ア行> | Trackback(22) | Comments(6)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/22830447
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from カノンな日々 at 2015-02-24 22:29
タイトル : エクソダス:神と王 IMAX-3D/クリスチャン・ベイル
旧約聖書を全く知らなくても"モーゼ"や"十戒"という言葉はどこかで見聞きしたことあるんじゃないかと思いますが、今作は巨匠リドリー・スコットが「出エジプト記」に記されたモーゼ ...... more
Tracked from 映画1ヵ月フリーパスポー.. at 2015-02-24 22:52
タイトル : エクソダス:神と王
評価:★★★☆【3.5点】(11) モーゼの一大叙事詩のようなストーリーも... more
Tracked from あーうぃ だにぇっと at 2015-02-25 02:50
タイトル : エクソダス:神と王
エクソダス:神と王@よみうりホール... more
Tracked from いやいやえん at 2015-02-25 09:23
タイトル : エクソダス:神と王
聖書から題材を取ってはいるけれど、物語はリドリー・スコット監督の解釈によるもので、聖書の記述からは結構離れていると思います。チャールトン・ヘストン主演の名作「十戒」に比べると、スぺクタクル感は欠けます... more
Tracked from パピとママ映画のblog at 2015-02-25 09:50
タイトル : エクソダス:神と王 ★★★.5
旧約聖書の出エジプト記に登場する、モーゼのエピソードをベースにしたアドベンチャー。紀元前のエジプトを舞台に、王家の養子として育てられた男モーゼがたどる数奇な運命と壮絶な戦いを活写する。メガホンを取るのは、『グラディエーター』『プロメテウス』などのリドリ...... more
Tracked from 新・辛口映画館 at 2015-02-25 11:35
タイトル : 映画「エクソダス:神と王」@シネマサンシャイン平和島
 今年最初の試写会はシネマサンシャイン平和島さんから招かれた。試写会場となったシネマ7の客入りは7割位。客層は小さなお子さんから年配の方まで幅広い年齢層だ。当日は日本語吹替え3D版が上映された。... more
Tracked from ここなつ映画レビュー at 2015-02-25 13:02
タイトル : 「エクソダス:神と王」
疑う余地のない大作である。空恐ろしい位に。リドリー・スコットといえば、×(かける)ラッセル・クロウの「グラディエーター」だけれど、そして確かにアレも痺れてあまりにも鮮明に記憶に残っているけれど、今回も迫力は健在である。軍馬の駆ける地響きの音、馬車の車軸の軋む音。矢が放たれ、刃が敵をなぎ倒す。活劇だなぁ〜。ホンットに活劇だ。受難とか奇跡とか十戒とか、もうどうでもいい位の活劇。肉弾戦は少ないものの、戦闘シーンはすごいものがあるし、加えて「神」が放った災いの数々が底知れぬ迫力であった。実の兄弟同様に育ってき...... more
Tracked from みはいる・BのB at 2015-02-25 21:03
タイトル : 『エクソダス:神と王』('15初鑑賞11・劇場)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 1月31日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン4にて 11:50回を鑑賞。... more
Tracked from **☆(yutake☆イ.. at 2015-02-25 23:31
タイトル : 映画『エクソダス:神と王』★『十戒』のリメイクではないエ..
    作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/165824/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。   モーセ の“出エジプト”です。 けれど、映画『 十戒 』(1956)のリメイク、というわけではなく スコット流というのでしょうか 歴史の“叙事詩”ではなく、 スペクタク...... more
Tracked from こねたみっくす at 2015-02-26 00:15
タイトル : 『エクソダス 神と王』
トニー・スコット喪失の影響が大きすぎるのか。 旧約聖書の「出エジプト記」におけるモーゼのエピソードをベースに、兄弟同然として育ってきたラムセス王との葛藤どころか、結局 ...... more
Tracked from そーれりぽーと at 2015-02-26 01:23
タイトル : エクソダス 神と王
予告編のものものしさから、モーゼが『300』バリに戦いまくる映画なのかと思って『エクソダス 神と王』を観てきました。 ★★★ フツーに『十戒』のリメイクで、バトル映画ではありませんでした。 そらそうか、バトル映画なんかにしてたらキリスト教徒とユダヤ教徒とイスラ...... more
Tracked from 風に吹かれて at 2015-02-26 08:41
タイトル : エクソダス:神と王 (試写会)
誰と居るのが幸せ? 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/exodus 監督: リドリー・スコット 紀元前1300年。エジプトの王家一員として育ったモーゼ(クリスチャン・... more
Tracked from ★yukarinの映画鑑.. at 2015-02-26 11:07
タイトル : エクソダス:神と王
【EXODUS: GODS AND KINGS】 2015/01/30公開 アメリカ 150分監督:リドリー・スコット出演:クリスチャン・ベイル、ジョエル・エドガートン、ジョン・タートゥーロ、アーロン・ポール、ベン・メンデルソーン、シガーニー・ウィーヴァー、ベン・キングズレー 戦う者だけに...... more
Tracked from シネマをぶった斬りっ!! at 2015-02-26 21:24
タイトル : エクソダス:神と王
【監督】リドリー・スコット 【出演】クリスチャン・ベール/ジョエル・エドガートン/ジョン・タトゥーロ/アーロン・ポール/ベン・メンデルソーン/シガニー・ウィーバー/ベン・キングスレー 【公開日】2015年 1月30日 【製作】アメリカ=イギリス=スペイン 【ストーリー】 紀元前1300年、多くのヘブライ人が暮らす古代エジプト。増えすぎたヘブライ人の男児を殺すようファラオ...... more
Tracked from はるみのひとり言 at 2015-02-28 22:39
タイトル : エクソダス 神と王
試写会で観ました。(3D 字幕)旧約聖書の出エジプト記に登場するモーゼの「十戒」をベースにした作品。(ネタばれを含みます)「十戒」をあっさりさせたみたいな感じでしたね〜。って昔ビデオで観たけなので、ちゃんと覚えてるわけではないんだけど最新のVFXで見応えたっぷ...... more
Tracked from 日々 是 変化ナリ 〜 .. at 2015-03-01 14:07
タイトル : エクソダス:神と王 Exodus:Gods and Ki..
予告編をみて、イマイチっぽくね?、と思っていた。 ひょっとして「エクソダス」ではなく、「エ?クソだす」なんてくだらないギャグまで思いついた(笑) とはいえ、監督=リドリー・スコットと聞けば、観るしかない・・・ 何たって歴史物だけでも、「グラディエータ...... more
Tracked from C’est joli〜こ.. at 2015-03-01 19:45
タイトル : エクソダス 神と王(吹替:3D)
エクソダス 神と王(吹替:3D) '14:米 ◆原題:EXODUS: GODS AND KINGS ◆監督:リドリー・スコット「悪の法則」「プロメテウス」「グラディエーター」 ◆出演:クリスチャン・ベイル 、ジョエル・エドガートン、ベン・キングズレー、ジョン・タトゥーロ、アーロン...... more
Tracked from 迷宮映画館 at 2015-03-02 15:14
タイトル : エクソダス 神と王
弟、トニーさんにささげた映画は、史上最も有名な弟の話。... more
Tracked from 日々 是 変化ナリ 〜 .. at 2015-03-14 08:12
タイトル : エクソダス:神と王 Exodus:Gods and Ki..
予告編をみて、イマイチっぽくね?、と思っていた。 ひょっとして「エクソダス」ではなく、「エ?クソだす」なんてくだらないギャグまで思いついた(笑) とはいえ、監督=リドリー・スコットと聞けば、観るしかない・・・ 何たって歴史物だけでも、「グラディエータ...... more
Tracked from ペパーミントの魔術師 at 2015-03-15 16:03
タイトル : 記憶の中のモーゼはラストシーンで。(え)〜「エクソダス ..
字幕2D、TCXDolby ATMOS TOHOシネマズくずはモールにて。 えっとね〜。 ・・・モーゼ言うたらどっちかいうとボロっちい衣をまとって 白髪のじーちゃんで石版持ってて、 なんつーかガンダルフみたいに杖ドーンってやったら海がどわ〜っと割れて・・・ すいません、そ...... more
Tracked from 笑う社会人の生活 at 2015-04-24 07:51
タイトル : モーゼの信念
7日のことですが、映画「エクソダス:神と王」を鑑賞しました。 紀元前1300年 エジプトの王家に養子として迎えられて育ったモーゼは、兄弟同然のエジプト王ラムセスとたもとを分かつ。 その裏には苦境にいる40万ものヘブライの人々を救わねばならないというモーゼの信...... more
Tracked from 銀幕大帝α at 2015-06-14 13:33
タイトル : エクソダス:神と王
EXODUS: GODS AND KINGS 2014年 アメリカ 150分 アクション/歴史劇 劇場公開(2015/01/30) 監督: リドリー・スコット 『悪の法則』 製作: リドリー・スコット 出演: クリスチャン・ベイル:モーゼ ジョエル・エドガートン:ラムセス ジョン・タートゥーロ...... more
Commented by kogarinta at 2015-02-25 13:04
こんにちは。ここなつ映画レビューから来ました。
>その間「神の使い」とやらは一切手を貸してくれません。
についてですが、結構そこがリアルですよね。小生意気な男の子の姿を借りて登場するあたりも。
Commented by odin2099 at 2015-02-25 21:41
いらっしゃいませ~。

ベタな天使とかの姿でなく、そこら辺に居る子供の姿というのはある意味で怖いですよね。
これ、モーゼがおかしくなったんじゃないかとも受け取れますし。
Commented by メビウス at 2015-02-26 21:24 x
エクスカリバーさんこんばんわ♪TB有難うございました。

元々モーゼの人物像や十戒諸々などについてはかなりアバウトなイメージしか持ち合わせていなかったので、モーゼの人物像やその波乱な人生をざっくばらんに理解する意味では、割と見応えはあったかなと思ってますね。
あと災いが降りかかるシーンも人知を超越した感じが出てて、ホントディザスタームービーとして観ても問題ない気がしますね。
Commented by odin2099 at 2015-02-26 22:57
モーゼもラムセスも人間的なんですが、その分「史劇」としての面白みには欠ける気がしますね。
ラムセスが頑なな理由も、単にモーゼに冷たくされたから切れたのかな、程度に感じてしまいます(^^;
Commented by sakurai at 2015-03-02 15:14 x
んじゃあ、ユダヤ教徒もキリスト教徒も、はてはイスラームもおなじ神を創造主とあがめてますが、その扱いは??という疑問を持っちゃう作りでしたわ。
あたしは、リドリーさんの解釈が結構働いてるんじゃないかなあと、感じましたです。
弟の事を思って、神も仏もいないんかい!って心境なのかな。
Commented by odin2099 at 2015-03-04 22:20
「創世記」はまだ良いのですが、「出エジプト記」となると色々な疑問が湧いてくるんですが…。

そもそもエジプト人って誰が造ったんですかね。
他にも神様がいたのか、それとも作り損ないに人たちなんだろうか…?

まあいずれにせよ、微妙なところはさらっと流した印象があります。

by Excalibur
ブログトップ