【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『トレッキーズ/スター・トレック万歳』(1999)

e0033570_22282684.jpgデニス・クロスビーを案内役にした(彼女は製作側にも一枚噛んでいる)『スター・トレック』ファンを題材にしたドキュメンタリー映画で、レナード・ニモイ、デフォレスト・ケリー、ウォルター・ケーニッグ、ジョージ・タケイ、ニシェル・ニコルス、ブレント・スパイナー、ジョン・デ=ランシー、ケイト・マルグルーら出演者のインタビューも収録。


ファン大会の会場レポや、そのイベントに参加している内の何人かのコアでディープなファンへの密着取材を敢行。
コスプレでファン大会へ乗り込むなんざ可愛い方で、自分の診療所を内装から衣装までスタートレック一色に染めてしまった歯科医師、裁判に宇宙艦隊の制服のまま臨む女性、クリンゴン語講座に集う人々、親子二代のファンら何れも常軌を逸した人たち。出演者たちもファンとの「ちょっといい話」を披露したりと、意外にも(?)好意的な反応が寄せられている。


こういったファン活動を羨ましがる気持ちもないではないが、自分には無理だ。それにアメリカならでは、かなあとも思う。日本でもたまにニュースやワイドショー、ドキュメンタリー番組などでヲタクを取り上げることがあるけれども、やはりスケールが違う。


もし仮に日本で、例えば「ガンダム」ファンを追いかけたドキュメンタリー映画を作ったとしたら、ここまで愛すべきものにはならず、もっと「痛い」作品になってしまいかねない。
せいぜい『非公認戦隊アキバレンジャー』みたいにフィクションに留めておくのが無難そう。あれだって笑えない人は決して少なくなかっただろうけれど。


【ひとこと】
レナード・ニモイ、ハーブ・ベネットと、このところシリーズ関係者の訃報が続いて寂しい。
オリジナル・クルーも鬼籍に入った人が増えて来たなあ…。


[PR]
by odin2099 | 2015-03-11 22:32 |  映画感想<タ行> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/22871300
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ