【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『ジャッカー電撃隊VSゴレンジャー』

e0033570_19542074.jpg<東映まんがまつり>は主に<マジンガー>系作品を楽しみにしていたので、既にシリーズが終わってからの<まんがまつり>には殆ど関心はなかったけれど、唯一興味を惹かれたのがこの作品。
流石に「子供番組からは卒業」の時期だったので観に行くことはしなかったけれど、結局「卒業し損ねて留年、現在に至る」なだけに、もう2~3年後だったら躊躇なく観に行っていただろうなあ。
それだけ夢のあるタイトル。


ただ後になって観た作品は、思っていたほどのスケールじゃなくて些かガックリ。
なんせゴレンジャー側のゲストはペギー松山だけ。
新命明と番場壮吉が顔合わせるのかなあ、なんて期待していたのに、出てきたのが変身後だけじゃあ。
四天王に安藤三男、天本英世、潮健児らが揃っているというのだって、ファンやマニアは喜ぶだろうけれど、子供の集客に繋がる要素じゃないしね。


反対に、スチール写真と鯨井長官の説明だけとはいえゴレンジャーとジャッカーが、キカイダー、仮面ライダーV3、仮面ライダーアマゾンと同一世界と規定していたのは嬉しいサプライズ。
といってもリアルタイムで観ていたら喜んだかなあ。
なんか中途半端に誤魔化されたような気分になったのかもなあ…。


【ひとこと】
「スキュタレー暗号」なるものを初めて知ったよ、この作品で。

過去記事はこちら


[PR]
by odin2099 | 2015-03-26 19:56 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/22908021
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ