【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『アルスラーン戦記』

e0033570_18594339.jpgTVアニメで『アルスラーン戦記』が始まったけれど、原作小説のアニメ化ではなく、荒川弘のコミック版のアニメ化というスタンスで、のっけから知らないお話が展開。それ以前にこの人の絵柄がどうしても好きになれないのが最大の難関か。

別に嫌いな絵ではないのだけれども感情移入しにくいというか、線が単純すぎるというか、全体的にトーンが軽すぎるというか……。
背景美術は描き込みの素晴らしさもあって魅了されはしたものの、どうにもバランスの悪さが気になる気になる。
これってTVアニメ版『グイン・サーガ』を初めて観た時と同じような失望感だなあ。


それもあって以前の劇場アニメ版をもう一度観てみることに(以前の感想はこちら)。
劇場用映画としてはそれほどクオリティが高いとは言えないし、シナリオや演出にも今一つ工夫がないのだけれども、元になっているお話がしっかりとしているだけに主要キャラクターたちの顔見せに終始してるとはいえ、1時間を飽きさせずに見せてくれる。


またアルスラーン役の山口勝平とギーヴの矢尾一樹はさほどイメージとは思わないが、ダリューンの井上和彦、ナルサスの塩沢兼人、ファランギースの勝生真沙子、エラムの佐々木望あたりは観ていて(聴いていて)安心感がある。
ヒルメスの池田秀一は出来過ぎな気がするけど。


もっともアニメ化以前のカセットブックから聴いているだけに、アルスラーンは関俊彦でダリューンは鈴置洋孝(後に田中秀幸に交代)、そしてナルサスには大塚芳忠、というカセットブック版のキャストもそれはそれで味があったりするんだけどね。
そしてこの時からエラム、ギーヴ、ファランギース、ヒルメスは固定だったり。
…そんなにはまり役?


[PR]
by odin2099 | 2015-04-09 19:03 |  映画感想<ア行> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/22943647
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ