【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『竜に奪われた王国』

はなれ山への旅は続きます。


e0033570_00070554.jpg冒頭のシーンで「踊る仔馬亭」が出てきますが、これは「ロード・オブ・ザ・リング」とのさりげないリンク?
この直前にカメラの前を通り過ぎるホビットを演じているのはPJ監督自身。


リンクといえばその最たるものがレゴラスの登場ですね。
「ロード・オブ・ザ・リング」とは別人のようなキャラクター設定になっていますが、これが如何に以前のというか後の「僕らが知ってる」レゴラスへと変貌していくのかもお楽しみというところでしょうか。
演じるオーランド・ブルームはすっかり主演級の俳優として成長。旧作のようなエルフとしての透明感は薄れてしまいましたが、その分凄みを感じさせてくれています。
ちょっとガッチリしすぎちゃった気もしないでもないですが。


まあレゴラス、というかオーランド・ブルームだけは平川さんの吹替で聞きたいもんです。もうすっかり刷り込まれてしまってるし、平川さんの声もあまり変わらず。
また今回字幕スーパーで観ていて感じたのは、思ったよりトーリンもバルドも力強さがないんですねえ。
東地さんや山路さんの”声”に慣れちゃってるのも問題だけど、吹替の方が英雄らしさを感じさせてくれるのは間違いないところ。ドワーフだとドワーリンとかね。玄田さんの迫力には及ぶまい。
違うと言えばマーティン・フリーマンと森川さんの声もまるでイメージが違うので、ビルボが違うキャラクターに感じられてしまいました、とさ。


邪悪な竜スマウグ様が飛び去ってサァ大変!
ということで旅はまだまだ続きます。

e0033570_21295310.png
<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/21737672/
http://odin2099.exblog.jp/22292916/


[PR]
by odin2099 | 2015-05-10 00:09 |  映画感想<ハ行> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/23089114
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ