【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『超電子バイオマン』

e0033570_08384331.jpg「ゴーグルファイブ」「ダイナマン」と春興行が続いていた<スーパー戦隊>が夏興行へ。
しかも「デンジマン」以来の長尺モノでメイン番組扱い。シリーズの人気も復権してきたということなんでしょう。

それに併映作が「宇宙刑事シャイダー」
特撮ヒーローが複数作品公開されるなんて78年の夏興行以来。
どうせなら「星雲仮面マシンマン」の劇場版も作って欲しかったけど、そこまで望むのは酷か。


まあ1984年という年は「ウルトラマン」が2本の映画で復活し、「さよならジュピター」が作られたり、年末には待望の「ゴジラ」新作があったりと、特撮ヒーロー物が復権した年でもあったんだな。なかなか後が続かなかったですがね。


e0033570_22241514.jpg久々の長尺版の<スーパー戦隊>ということですが、ちょっと時間を持て余し気味なのが惜しい。基本はアクションシーンで水増ししてる印象で、もうちょっとドラマ面で盛り上げて欲しかった。
でも坂元亮介以外のキャストの演技力を考えると、この程度で良かったのかも。


【ひとこと】
人質取られてるのに容赦ないな、バイオマン。

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/15329657/


[PR]
by odin2099 | 2015-06-06 08:39 |  映画感想<タ行> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/23225110
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ