【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『ロボット刑事』

e0033570_19111810.jpgロボット刑事Kの犯罪捜査ファイル」とでも名付けたい総集編。
でも他の上映作品群と違い、わざわざ総集編の体裁にしたのは何故だろう?
単独で上映出来る適当なエピソードがなかったのか、それとも他との差別化を図りたかったのか。
いづれにせよ、非常にわかり辛くて残念な総集編。


Kの声、仲村秀生さんだけど、温かみがあっていいなあ。
K自身はキカイダーみたいな人間態がないせいか、凄く無機的なある意味でロボットらしいんだけど、秀生さんのお蔭で人間らしさが醸し出され、ビジュアル面とのギャップがまた良い。


音楽は菊池俊輔センセイ
この時期は東映ヒーローだけでも「仮面ライダー」「超人バロム1」「変身忍者嵐」を手掛けているけれど、これら3作品とは雰囲気がちょっと違うのは制作プロが違うから、そのカラーの違いなのかな。

それにしても新條強の兄・敬太郎を演じているのが、演じている千葉治郎の実兄の千葉真一であることを紹介してくれるナレーションって…。
子どもにアピールするところか、そこ?


【ひとりごと】
そういえば
 東映×少年チャンピオン、清水栄一×下口智裕樹による完全オリジナルストーリーの「ロボット刑事」製作決定
っていうのはどうなったんだ?
去年の秋始動の筈だったのに。


<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/2663631/


[PR]
by odin2099 | 2015-07-25 19:15 |  映画感想<ラ行> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/23466878
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ