【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『ビデオゲーム THE MOVIE』(2014)

『ピクセル』観る前にこちらを観てゲームの知識を仕入れておけばおけば良かったなー、と思ったのだけれども、実際想像していたのとはちょいと(かなり?)違いました。

e0033570_22432098.jpgアーケードゲームに始まり、プレイステーション、ドリームキャスト、X-BOX…とゲームの歴史を追いかけたドキュメンタリーであることには違いないですが、ハードの歴史もほどほど、ソフトの歴史もほどほど。しかもそれを時系列で紹介してくれるのかと思いきや、ハードの歴史が終わったらソフトの歴史、という具合に行ったり来たり。ハードとソフトの発展、進展は切り離せないと思うんですけどね。

それにハードにしろソフトにしろ、こういうのが出ました、これがヒットしましたと列挙するだけで、何が画期的だったとか、どんな社会現象を巻き起こしたかといったあたりには触れず仕舞い。なんだかフラストレーション溜まってしまいました。

これ、ゲームマニアには納得の内容なんだろうか、それともゲーム初心者向けに作ってあるんだろうか。
そのどちらでもない自分は戸惑うばかりでした。

【ひとりごと】
「ビデオゲーム」という呼称って一般的なんだろうか。
自分の中では「ビデオ」と「ゲーム」という単語がどうしても結びつかなくて。
「ビデオ」というと録画する機械(ハード)だったり、その機械で再生するソフトだったりという認識で、「ゲーム」というと遊ぶための機械(ハード)や、それで遊ぶためのもの(ソフト)という感覚。
「ビデオゲーム」で一つの単語なんだろうけど、なんか「ハード+ハード」もしくは「ソフト+ソフト」で、そんな組み合わせあるかい?!と思ってしまう。ビデオデッキでゲームソフト再生できるかよ!というのとはちょっと違うけど、なんかそんな感じ。上手く言えないけれど。

これが「テレビゲーム」という呼び方ならしっくりくる。
「テレビ」というハードを使って「ゲーム」というソフトを遊ぶ、のならば自然。
それに昔は「テレビゲーム」って言ってたんだよなあ。


[PR]
by odin2099 | 2015-10-17 07:36 |  映画感想<ハ行> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/23779739
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ