【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『秘密戦隊ゴレンジャー/火の山最期の大噴火』(1976)

e0033570_20310603.jpg移動要塞ナバローンを使いイーグル基地を攻撃する火の山仮面マグマン将軍。その威力の前にゴレンジャーも歯が立たない。だが再三に亘る攻撃の最中ナバローンの設計図の入手に成功するも、なかなか決め手は見つからなかった。
一方黒十字軍総統は設計図を奪われたことでマグマン将軍を見限り、ゴールデン仮面大将軍を目覚めさせようとしていた。それを知ったマグマン将軍はゴレンジャーへの決戦を挑む決意を固める。
はたしてゴレンジャーは要塞の弱点を見つけ出し、見事マグマン将軍の挑戦をはねのけることが出来るのか――?!

全部で5本公開された劇場版『ゴレンジャー』のラストを飾る一篇で、第54話「真赤な挑戦!火の山最期の大噴火」のブローアップ版。
5本のうち劇場用新作の4本目を除いてキレンジャーは全て初代の大岩大太で、新作のみ二代目の熊野大五郎になっている。

移動要塞とゴレンジャーの息詰まる攻防、ゴレンジャーマシーン決死の爆撃行などなど見せ場は色々とあるものの、そのマグマン将軍のあまりにも情けない最期がすべてをぶち壊しに…・
これが『ゴレンジャー』という作品の特色、持ち味ではあるものの、当時の子どもたちは本当にこんな展開を望んでいたのだろうか。
シリアスムードに水を差す毎度おなじみの「なぞなぞ」シーンも不要だと思うが。

【ひとこと】
『マジンガーZ対デビルマン』にも飛行要塞で「ナバローン」というのが出てきたが、『ナバロンの要塞』、各方面に影響を残しているな。


[PR]
by odin2099 | 2015-12-04 22:41 |  映画感想<ハ行> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/23930302
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ