【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『インクレディブル・ハルク』

e0033570_15592154.jpgこれまたもう何度目になるかわからない再観賞
…ってことはないな、多分5回目か6回目。
といっても自分的にはかなりのハイペース。
<マーベル・シネマティック・ユニバース>作品では二番手だが、日本公開はこちらの方が『アイアンマン』より早かったので、<MCU>作品はこれが初体験。
マーベル作品はこれまでなかなかバラエティに富んでいたけれども、ここからは<MCU>と「X-MEN」の二強時代へ――。

といいつつ、<MCU>自体がかなりバラエティ豊かなラインナップ揃いなので、ジャンルが狭まったという印象はない。この世界観を同じにしながらも統一性のなさが<MCU>の強みでもあるのだろう。
この作品も旧作「ハルク」が人間ドラマ主体で重々しく描いていたのとは対照的に、舵を思いっきりアクション方面へきり、別物へと昇華させたのは評価に値する。かといってドラマ部分が希薄なのでは決してなく、そこはエドワード・ノートン、ティム・ロス、ウィリアム・ハートらの演技でしっかりとカバーされている。

役者が交代してしまったのでブルース・バナーのキャラクターに残念ながら統一性がないのが最大の難点ではあるが、単独の作品としての面白さは少なくても<MCU>の<フェイズ1>の中ではトップクラス。
興行的には<MCU>12作品中で最も振るわなかったようだが、もっともっと再評価されても良い作品だと思う。

<MCU>次回作である『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』では本作に登場したロス将軍が再登場。
予告編を見ると政府側の人間としてアベンジャーズを監視・監督する立場のようだが、スティーブ・ロジャースやトニー・スタークらとどのように絡んでくるのか興味津々だ。
またバナーや娘のベティに言及するシーンもあるのだろうか。
e0033570_23253170.png
<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/8504915/
http://odin2099.exblog.jp/16185055/
http://odin2099.exblog.jp/19466280/
http://odin2099.exblog.jp/22733419/
e0033570_23383026.png

[PR]
by odin2099 | 2015-12-24 20:49 |  映画感想<ア行> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/23986945
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ