【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『親指ウォーズ』(1999)

ソフトを整理していたら、その昔に安価で手に入れた中古DVDが出てきたので、「今はスター・ウォーズ話題だし」と再生してみることに。

e0033570_19524385.jpg劇場公開された時のタイトルは『親指スター・ウォーズ』で、タイトル通り登場するキャラクターを親指に演じさせた「スター・ウォーズ」のパロディ。
と書くと低予算なアマチュア映画っぽさを感じさせるけれど、実際はCG合成を駆使したりで結構手間暇かけた内容なのでビックリだ。

お話は「エピソード4」と「5」をミックスしたような感じ。
ただ当時もそうだったけれど、今見直してみてもちーっとも面白くない。「傑作だ」「傑作だ」と騒がれていたけれど「どこが?」と思ってしまう。

まあギャグというか笑いに対する沸点が他人より低いことは自覚してるんだけど、「やっぱりコレはないんじゃない」というのが偽らざる感想で、「レゴ:スター・ウォーズ」の方がまだ愉しめるかな。
『親指タイタニック』も見てるけど、あれもダメだった。


[PR]
by odin2099 | 2016-01-04 20:02 |  映画感想<ア行> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/24022079
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ