【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『シーズンズ/2万年の地球旅行』(2015)

氷河期が終わり、森に生命が芽生え、全ての生き物が共存し栄えている。
しかしそこへ人類が現れ、自然界の微妙なバランスは崩れ森が姿を消し、生き物たちは山に、大地の外れにと追われてしまう。
やがて人類は自然の大切さにようやく気付きはじめるのだが――。

e0033570_18435320.jpg『WATARIDORI』『オーシャンズ』を手掛けたジャック・ペランとジャック・クルーゾのコンビによるネイチャー・ドキュメンタリー最新作。
ここ10年ぐらいで公開されたネイチャー・ドキュメンタリー作品は結構観ているが、その中でも異色に感じるのはドキュメンタリーでありながら「物語」を持っていること。
そのために人間の出演者が演技をし、また動物たちの映像も「あるがまま」を撮影する従来のドキュメンタリー作品と違い、「演技」が求められているのだ。勿論のこと、「撮影で野生動物を傷つけてはいない」という断り書きも出る。

個々の映像は斬新だったり迫力があったとしても、全体を通してどことなく退屈に感じられる部分もあった他の作品より、各段に映画の中に入り込みやすい構成になっている。
逆に純粋な学術的要素を求める人からすると、あからさまに作為的な部分があるので納得しがたいという人もいるのではないかと思う。

しかし毎度のことながら、どうしてこの手の作品には日本独自のテーマソングというものが付けられ、なおかつ本職とは言い難い人がナレーターとして起用されるのだろう。
耳障りの良いとは言えない声の関西弁のナレーションを入れるなど、作品のムードを変容させてしまう結果を一体誰が求めているのだろうか。
DVDなりBlu-rayなりが発売されたら、是非それを購入して字幕スーパー版でじっくりと観直したい。


[PR]
by odin2099 | 2016-01-16 18:48 |  映画感想<サ行> | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/24055745
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from まっきいのつれづれあれこれ at 2016-01-22 22:57
タイトル : 『SEASONS シーズンズ2万年の地球旅行』 ネタバレ注意
7万年に続く氷河期の中で、最も寒かったと言われる2万年前。 北半球の大半を覆う氷... more

by Excalibur
ブログトップ