【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『シンドバッド/魔法のランプと動く島』(2015)

日本アニメーション40周年記念「シンドバッド三部作」の第2弾。確か最初は昨年12月公開の予定だったと思ったが、本年1月にずれ込むことに。

e0033570_20435021.jpg嵐で損傷した船の修理で、とある島へ立ち寄ったシンドバッドたち。しかしサナはこの島に魔法のランプがあるという。早速島の探検を始めるシンドバッド、サナ、そしてアリ。
水の上を走る神秘的な青い馬や巨大な足跡を見つけるが、そこにサナを追ってきたダールたちの魔の手も迫る!

前作には空飛ぶ絨毯が出てきたが、今回は魔法のランプと「シンドバッド」物らしいアイテムが次々に登場。といっても劇中でも語られる「アラジンと魔法のランプ」のランプとは関係ないらしい。
他にも一つ目巨人サイクロップスやら巨大な魚やらファンタジー寄りのキャラクターが出てくるが、もしかするとハリーハウゼンの映画シリーズのテイストも取り込もうとしているのだろうか。

シンドバッド、サナ、アリ、それにラザック船長らが平板で、悪役陣にも凄みがないので淡々と物語が進む印象なのが残念なのだが、懐古趣味と言われようがこういう王道を行く少年少女向けの冒険活劇はこれからも作られなければならないと感じている。

今回はダールたちの上に立つ首領ともいうべき存在のガリブが登場。
いよいよ物語が完結する第三部は5月の公開予定だ。

【ひとこと】
宮下新平監督は昨年の夏ごろに体調を崩し、そのまま暮れに亡くなられたとのこと。
完結編は是非とも見応えのあるものにして欲しい。


[PR]
by odin2099 | 2016-01-22 20:50 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/24073049
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ