【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『ウルヴァリン/SAMURAI』

e0033570_20015902.jpg「ウルヴァリン/X-MEN ZERO」に続く、ウルヴァリンを主役に据えたスピンオフの第2弾。
といっても前作の続編ではなく、時系列的には「X-MEN/ファイナル・デシジョン」の続き。つまりウルヴァリン二部作は、正編のX-MEN三部作の前と後に位置してサンドイッチする形になっている。
現在ウルヴァリンの3作目を製作中だが、ヒュー・ジャックマンはその作品に置いてシリーズからの卒業を宣言。その前に本人の希望通り「アベンジャーズ」と共演させてあげたかったな。

今回の作品の舞台は日本。
スクリーンに日本が映し出されると、途端に近未来感、SF感が薄れてくるのは、見慣れた光景に痛烈に日常を意識させられるからだろう。
外国人にはこの日本の風景、どう映るんだろうか。
日本人みたいに現実に引き戻されることはないだろうが、かといって「日本、すげー!」とはならないんだろうなあ。
まあこちらも日本人に見えない日本人が右往左往してると、「あ、やっぱり勘違いハリウッド映画か」なんて思ってしまうのだけれども。
例によってお話は自分好みではないものの、X-MENの中では上位の部類。

エンドロールの後のオマケシーンは何故か本編の2年後。
マリコやユキオはどうなったんだろう?とちょっと気になる。
ユキオは「あなたのボディガードよ」と言いながらウルヴァリンに付いて行ったんじゃなかったっけ?
そして復活してくるマグニートーとプロフェッサーX。
プロフェッサーなんて死んだ筈なのに(一応”復活”することは匂わせてはいたけれど)しれっと登場。
何やら大変なことが起りそう、というのは次回作「フューチャー&パスト」への前フリってことなんでしょうね。

【ひとこと】
エンドクレジット、日本人スタッフ名が漢字表記。
あれ、劇場公開時からそうだったっけ?
e0033570_21522111.png
<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/21072478/


[PR]
by odin2099 | 2016-01-26 20:05 |  映画感想<ア行> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/24084481
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ